ほぼほぼ野外活動記

週末の超スローライフを綴ります ポタリング、釣り、キャンプ、ハイキング、散策、外飯、庭呑み・・・

ガンダーラ真鶴

崖を下りてやって来たのは、、、

f:id:toei-sportif:20211029200600j:plain

真鶴半島の先っぽ真鶴岬のすぐ近く。
海辺のキャンプ場「ガンダーラ真鶴」

f:id:toei-sportif:20211029195651j:plain

テントサイトは、海抜数メートルのこの広場と、

f:id:toei-sportif:20211029200108j:plain

石がゴロゴロしている波打ち際です。

我々は迷うことなく、こっちを選びました。

f:id:toei-sportif:20211029200141j:plain

この通り、午前中の雨でぬかるんでいます。
って言うか
午後は雨があがる予報でしたが、結局夜半まで降ったりやんだりでした。

おまけに、強風注意報発令!

f:id:toei-sportif:20211029200224j:plain

和尚と訪れたユートピアでしたが、そこはなかなかワイルドな愛の国でした。

バレットを並べてベニヤ板を敷いた上にテントを張ります。

f:id:toei-sportif:20211029200311j:plain

これが上手い具合に、1人用のツーリングテントにピッタリです(^_^)v

テントサイトでも律儀にマスクを着用する和尚。
ミスマッチな光景だな。

f:id:toei-sportif:20211029200354j:plain

管理棟

f:id:toei-sportif:20211029200426j:plain

どこもかしこも、道具や資材がゴロゴロしています。

f:id:toei-sportif:20211029200518j:plain

管理棟の裏手に回ると、、、

f:id:toei-sportif:20211029200744j:plain

露天風呂がありました。

f:id:toei-sportif:20211029200803j:plain

海岸に下りるスロープを作るために必要な大きめの石を、海岸から10個運んでくると、無料で入れるとのこと。

こんな天気でもあり、わざわざ風呂に入るまでもないと思ったのですが、今思えば話のタネに入っても良かったかな・・・(根が面倒くさがり屋なもんで^^;)

夜が訪れます。

f:id:toei-sportif:20211029200856j:plain

寒いので焼酎お湯割りが美味い。

f:id:toei-sportif:20211029200921j:plain

すっかり夜が更けました。

f:id:toei-sportif:20211029200952j:plain

テントに入って横になりましたが、激しい潮騒が眠りを妨げます。

それでもいつしか寝入りましたが、夜中トイレに起きてしまいます。
もはや老人・・・

真っ暗な外に出て、ザバンザバンと潮騒を立てている海を見れば、まあ何て怖いんだろう。
沖の方、雲の切れ間から月光が海面を照らしている。

f:id:toei-sportif:20211029201038j:plain

今にもあの海面に海坊主が頭を出して、こっちに向かってやってきそうだ。

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

再び目が覚めると朝でした。

ちょうど日の出時刻

f:id:toei-sportif:20211029201113j:plain

昨日の雨空が嘘のようなピーカンです。

f:id:toei-sportif:20211029201140j:plain

赤い朝日が木々を染めて、まるで紅葉のよう。

f:id:toei-sportif:20211029201202j:plain

本当の紅葉だったかな・・・

岩礁には釣り人が

f:id:toei-sportif:20211029201234j:plain

ボートでも

f:id:toei-sportif:20211029201305j:plain

海に浮かぶ釣り船の向こうには、蜃気楼のようにビル街のようなものが見えます。

f:id:toei-sportif:20211029201330j:plain

朝食摂ってから撤収です。

9:00になると、これからC.I.する4人連れ親子の荷物を載せて、仙人がトロッコで降りてきました。

f:id:toei-sportif:20211029201408j:plain

随分早いC.I.ですね。
若いパパに聞けば、釣りをしながらキャンプを楽しむそうで、波打ち際にテントを張るそうです。
逞しい親子だ。

空となったトロッコに我々の荷物を載せると、仙人が2人でじゃんけんをしろと言う。

すぐにピーンと来ました。
負けられない勝負です。

2度のあいこの末、勝利を収めて、トロッコに乗る権利をいただきました。

赤「これに乗って落ちた人いますか?」
仙「うん、3人いた。俺インディアン、嘘つかない」

どうやら、仙人、私と同世代らしいです(笑)

仙「スマホ落した人もいた。見つけるのに3時間かかった」
仙「自撮りして落すんだよな」

もちろん私も必死に写真を撮りましたよ(笑)

f:id:toei-sportif:20211029201608j:plain

最後の急坂で崖下を見てゾッとしました。

こうして楽しかったキャンプもお終い。
帰路は、例によって高速を使います。
小田厚~東名であっと言う間にとうちゃこ。

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

「11月は、釣りやスキューバも楽しめるし、いい季節になるからまた来てね!」
と、とってもフレンドリーな仙人でした。

f:id:toei-sportif:20211029201646j:plain