ほぼほぼ野外活動記@横浜

週末の超スローライフを綴ります ポタリング、釣り、キャンプ、ハイキング、散策、外飯、庭呑み・・・

白州トラウトフィッシングエリアシルフ(SHYLPH)

管釣り~キャンプの旅も3日目。

鹿島槍ガーデンをともに楽しんだ友人たちとは、ホテルで朝食を食べてから解散。
彼らはこの後、あづみ野FCで釣りをしてから帰宅予定です。

私が向かうのは白州。
白州っていうと国の名前みたいですが、もちろん甲州山梨県に位置します。
平成の大合併以前は北巨摩郡に属しましたが、今では北杜市という何だかよくわからない名前になっています。

さて、これから向かうSHYLPHは、よくある一日券、午前・午後券の他に、10:30~15:00券があります。
これが、大町で朝食食べてから向かい、キャンプの設営まで遊ぶのにちょうどいい!

カーナビに従って古淵沢ICで中央高速を降り、甲州街道で向かいます。
前々日、雨の中を安曇野に向かって走ったばかり。

ここらを走っていると、やたらと目に付いたのがこれ

f:id:toei-sportif:20201004103106j:plain

駐車場付きの自販機。
POPが目を惹きますね

f:id:toei-sportif:20201004103136j:plain

前々日は左手に見たサントリーの白州蒸留所入口

f:id:toei-sportif:20201004103226j:plain

この日は天気が良かったので、記念撮影

f:id:toei-sportif:20201004103302j:plain

甲州街道の白州農協前を右折し、以降R614(駒ヶ岳公園線)で南下。
目的地までは一本道でした。

白州トラウトフィッシングエリアシルフ(SHYLPH)

f:id:toei-sportif:20201004103537j:plain
北アルプスの麓から、南アルプスの麓へ!
ちょっと贅沢と言っていいかもな釣行ですね。
どっちも見えなかったけど(^_^;)

こちら入口

f:id:toei-sportif:20201004103745j:plain

管理棟

f:id:toei-sportif:20201004103856j:plain

こちらの看板をよく見ないで、、、

f:id:toei-sportif:20201004103923j:plain

オーナーにレギュレーションを確認したら、こう補足いただきました。

オ「スプーンは18mm以下は禁止とさせていただいています」

赤「マイクロスープンは大丈夫?」

オ「マイクロスプーンって概ね18mm以上です。駄目なのは縦釣りでよく使われる『豆』ってやつだけです」

この日活躍したのは、ヤリエのTロール0.8でしたが、帰宅してから測ってみたら

f:id:toei-sportif:20201004104032j:plain

19.35mm
なるほど!

<・)))><< <・)))><< <・)))><< <・)))><< <・)))><< <・)))><<

こちらがポンドです。

f:id:toei-sportif:20201004104324j:plain

真ん中の通路から、向かって左側がルアー池、右側がえさ釣り池となっています。

ルアー池は、通路側から対面の林側に向かってルアーを投げます。
対面側に入っていいのは、ポンドを飛び越えたルアーを回収する時のみです(^_^;)

この日の釣り友は、キャンプ仲間の敦念和尚。

現地に着いたら、思いの他気温が高く、慌てて半袖・短パンに着替えてから釣り座に着いたら、既に1匹釣ったとのこと。
そして、タックルの準備をしていたら、2匹目をヒット

f:id:toei-sportif:20201004104459j:plain

おおっ!
腕を上げたか!!

ポンドはクリア。
泳いでいるニジマスがよく見えます。サイズは小さそう。

なんで、Tロール0.8の渋めカラーで開始。

最初の1匹に苦戦しましたが、、、

f:id:toei-sportif:20201004104533j:plain

その後はまあまあ。

和尚とダブルヒットの一幕もありました。

f:id:toei-sportif:20201004104559j:plain

管理棟でお昼を済ませて、15時まで追い込むつもりでしたが、14時頃に雨が降りだしました。
これが結構な降りで、釣り人全て管理棟で雨宿り。

ぼんやり外を眺めていたら、オーナー自ら手作業で放流しています。
そう言えば、土日祝日は10時と14時にニジマス(20cm前後)放流って、サイトに書いてあったっけ。

f:id:toei-sportif:20201004104655j:plain

終了まで残り1時間ですが、雨は一向に止まず、強くなるばかり。

そのうち、雨の中を一人の釣り人が釣り座について始めました。
何気に見ていると、これが凄い、目が離せなくなりました。

何と6連荘。
どこまで続くのかと期待してみていたら、そこでパタッと止めて管理棟に戻って来ます。

打率10割がもちろん凄いのですが、その立ち居振る舞いに魅せられました。

・バックハンドでキャスト
・割と速いリーリングでヒット
・半分ほどポンドに入れて固定してあるランディングネットに、ロッドを持ったまま魚を一旦入れてすぐに出す
・胸元からリリーサを取り出し、フックを外して魚をリリース
・リリーサを一振りして、ルアーをポンドに戻す。
・リリーサを胸元に戻し、ラインを巻いたかと思うと、すぐにバックハンドでキャスト

流れるようです。

オーナーに何者か尋ねたら、元バスプロで管釣り始めてからは10年くらいとのこと。
休みの日は、必ずエリアにやって来るそうです。

ショックです。
感動しました。

自分も「イップス」なんて言ってないで、やるからには、あんなレベルを目指したいと思ったことです。(絶対無理だけど^^;)

さて、肝心の雨は、止むどころか益々強くなってきました。
和尚と相談して、14時半頃終了。

釣果は7匹。

こちらヒットルアー

f:id:toei-sportif:20201004104829j:plain

外れルアー

f:id:toei-sportif:20201004104850j:plain

ここは、オーナーが一人で運営しているようです。
この後のキャンプの食材買い出しにあたって、近くのスーパー各店の特色までいろいろ教えていただきました。

最初ポンドを見た時は、狭くて楽しめるのか心配でしたが、クリアなポンドと、アットホームな雰囲気にすっかりやられました(^_^)v
そして、ここをホームとしているあの達人!

いつかまた来ることを心に誓い、エリアを後にして、スーパー経由でキャンプ場に向かいます。