Now or Never

今でしょ!

嗚呼、鹿留湖

釣りを始めてから約3時間。
大物は入っているものの魚影が薄いパインレイクを後にして、いつもの鹿留湖に移動しました。

駐車場側の真ん中辺り

パインレイクと異なり魚がたくさん見えます。

混雑とまではいきませんが、パインレイクに比べると釣り人口密度も高かった。
両サイドの釣り人との間隔は3mくらいだったでしょうか。

左サイドの釣り人は、キャップ+フェイスマスク+ネックガードの出で立ちで、全く表情が伺えません。
「完璧な日除け対策」と思っていましたが、今にして思えばあれはブヨ対策だったのかも知れません。

でこの釣り人。
私とは段違いでレベルが高かった!

キャストから違います。
ルアーが飛ぶ飛ぶ。
どれだけ重いルアー投げているんだと思いきや、独特のアクションを加えながらリトリーブして結構なペースで釣りあげます。

キャストする時に、くるくるっとティップの先でルアーを回すんですが、その仕草が私が結構影響を受けている釣りのエキスパート(職業は何だ^^;)松本幸男さんが時々動画で披露するキャストそのもの。

まさかご本人!?

と思ったんですが、留吉氏曰く普通に別人だったようです(笑)

松本幸男とは、、、

管釣りのテクニックを学ぶのによく動画を拝見しているだけでなく

彼のプロデュースしたロッドや

フォーナインマイスター ホワイトウルフ 62UL-e

シグネチャーカラーのルアーも

持っていたりします。

<・)))><< <・)))><< <・)))><< <・)))><

この釣り座で新たな気持ちで始めたんですが、左はこの釣り人、右は留吉氏に挟まれて、まあやりずらかったなあ~

私のルアーを十戒のごとく両脇に避けた魚たちを、両隣りの2人が次々と釣っているかのようです。

自尊心がボロボロになりながらも投げ続けていると、移動してから40分経った頃

放流があったので、MIU1.5の赤金を投げていたところようやく初ヒットです。

その後、同じくMIU1.5のグリーンのツートーンで2匹目。
これで私は打ち止め。

一方、ゼッター君も大苦戦していましたが、11時を回った頃に遂にヒット!

しかもアルビノです。

こうして全員揃って釣果を上げたところで納竿としました。

3人の釣果は、留吉氏がダントツで竿頭、アルビノは3匹にカウントするという訳のわからないルールをその場で作られてゼッター君が2位、僅か2匹の私はびりっけつです(笑)

あ~あ
またしても不完全燃焼だよ・・・

<・)))><< <・)))><< <・)))><< <・)))><

ヒットルアーはいずれもMIU1.5

残念ルアー

大き目のルアーは全てパインレイクで投げたものです。

ザッガー、ボトムマジック、ディスプラウト、ディープクラピー、ディープスペック、ココニョロ、、、
スプーンでは、ノアボス3.5、ハイバースト3.6、スリムスイマー3.5、そしてミュー3.5

普段泳ぐ機会のなかったルアーたちも、久しぶりに泳いできっと喜んでいると思います。

でもなあ~

この中のどれか1つでいいから、でっかい魚を連れてきてくれたら良かったんだけどなあ~

憧れの「パインレイクかわせみ」

2週連続で甲州に遠征に行って来ました。

前回は小菅村、今回は都留市鹿留です。

ここを訪れるのは今回で11回目になります。

ベリーパーク in フィッシュオン! 鹿留

過去、クランクがヒットしたりスプーンがヒットしたりと相性が良かったんですが、前回2年前の秋に来た時は6時間で2匹と惨敗。

toei-sportif.hatenablog.com

今回は2年前のリベンジです。

そして、未だ足を踏み入れたことのなかった「パインレイクかわせみ」で遊ぶことにしました。

このポンドは

「1日のお客様の定員を35名に限定し、大型魚を中心とした特別に厳選した状態の良い魚のみを放流しております」

の売り文句で、通常の料金+1,000円で入ることのできるスペシャルポンドです。

言ってみればファーストクラス。
「1,000円なんて安いもんだ」と、同行2名を半ば強引に誘い込みました。

この通り、いつもの「鹿留湖」とは鹿留川を挟んで対面にあるため、未だ見たことさえありません。

このポンドに今入っている魚は、、、

ん?

パインレイクの情報がないぞ?

スタッフ情報も、、、ない!

これはどうしたことか?

パインレイク、もしかして死の池になっていないか、少々不安になりました。

まっ、そんなことはないだろう。
パインレイクには専用のレストハウスが併設されているので、きっとそこに選ばれし者だけに必要な情報が掲示されているはずだ。

と気を取り直して車で移動。

そしていよいよ初見参!

「ういげんざん」って読むんですね
また一つ勉強になりました(笑)

マッサージチェアまで用意されているレストハウス

マッサージチェアに気をとられて、掲示板見るのを忘れる

先に着いていた同行者に並んで、ここに入りました。

この日は、留吉氏とゼッターランド君との友釣りです。
この3人での釣行は2年前の11月以来です。

久しぶりの構図

さあ、今日こそは大物を釣ってやるぞと、普段出番のないでっかいルアーを持参しましたよ!

ポンドは割とクリア。
ところどころに藻が浮遊しています。

ちょっと魚影が薄いのが気になりましたが、とにかくスタート!

・・・したんですが、全く反応がありません。

3人揃って苦戦、
って言うか、10名にも満たない釣り人たちがほとんど釣れていません。(1匹だけ目撃)

環境はいいんだけどなあ~

片眼が開いてからのつもりでしたが、もう我慢できずに朝飯をいただきました。

開始して1時間ちょっと経った頃、留吉氏が遂にヒット!

なるほどビッグサイズです。
軽く尺は超えていました。

オレンジ色のルアーのサイズが70mm

ヒットしたルアー(の色違い)を貸してくれるって言うので、遠慮なく借りましたが、、、

多関節の「ハイドラム」

私にはかすりもせず・・・

一方、ゼッター君はと言うと、、、

寝てるのか(笑)

ここが王禅寺なら、いよいよ「クレイジーボム」の出番となるわけですが(笑)
ここは禁止です。

留吉氏がしつこいくらい「禁止」って言っているし(笑)

3時間粘りましたが、留吉氏が数匹、私とゼッター君は釣果を上げられず失意のドン底に。

誰からともなく「(いつもの)鹿留湖に行きましょう」

ってことになりました。

「釣れないじゃないですか。赤鬼さん、お金返してください」

と嫌味を言われても、私自身釣れていないので

「腕が悪いからだろ!」

とも言い返せず(笑)


(続く)

亀物語 第4話 「あーこりゃこりゃ」

今回が最終話のつもりでした。
タイトルも「まいっか」と決めていたんです。

今朝のこと。

朝の用事を一通り済ませると、待ちに待った開封の儀。

この包帯を外すと、そこにどんな美しい姿が現れるのか?
いや、美しい姿なんて期待していませんでしたが、ベトベトがとれて実用域に達していることと期待していました。

いざっ!

ん?

何も変わってない。

ベタベタが取れたか触ってみると、、、

あきさみよー

何も変わっとらん。

いやネバネバ度が増しているじゃないか!

もしやと思い表面をさらうように拭くと、下地が出てまいりました。

「除去」ってこういうことか。
何となく変質した箇所が硬化するものと勝手に想像していたんですが、グチャグチャに軟化して取りやすくなるってことだった。

加水分解を起こした箇所はこうして除去できますが、まだ変質していない箇所は残ったまま。

もはや、これ以上何をやったらいいかわからなくなりました。

♬私待つわ
 いつまでも待つわ
 たとえあなたが ふりむいてくれなくても

いやいや
「Tartaruga Entertainment Works」さん
首を長くして返信をお待ちしています。

 

(続けたくなかったけど続く)

亀物語 第3話 「この手があったか!」

ちょっと思い付いたことがありました。

部品を交換することばかり考えていたけど、今のパーツをそのまま使えないか?

機能には全く問題がないので、加水分解さえ止まれば使えるんじゃないか?

ちょっと見た目は悪いけど、どうせ使うのは俺じゃないしグリップなんて見た目が気になるところじゃないし。

早速ネットで調べて見ると、あるわあるわ!ベタベタの除去方法はヒットしまくりです。

www.kajitaku.com

いくつかの方法があるようですが、一番ポピュラーなのは重曹を使う方法のようです。

早速百均に走って重曹を購入。

小さじ一杯を100mlの水に溶かして水溶液を作ります。

これを患部にたっぷり塗ってから、家にあった包帯を巻きます。

奇しくも、ベタベタ除けにテープを巻いた図とよく似た絵柄に(笑)

巻いた上から、更に重曹の水溶液をたっぷり沁みこませます。

さあ、これでベタベタが除去できるでしょうか?

後は明日のお楽しみ!

続・亀物語

グリップシフトが加水分解を起こした「亀」ことタルタルーガ

部屋の中を移動する度に、うっかりシフトを触って手にべっとり。

このままにしておけないので、テープでぐるぐる巻きにしました。

包帯巻かれたようで痛々しい姿に

先日「Tartarugaマエストロ」指定店(仮に「N店」としておこう)に電話で相談した件を書きました。

toei-sportif.hatenablog.com

その後の経過です。

o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三

「Tartarugaマエストロ」指定店は他にもあります。

次に、この自転車の部品調達やBD-1の修理でお世話になったことのあるG店に電話で相談してみました。
ここは小径自転車を専門に取り扱っているだけに、話が早く通じました。

すると

「以前にも同様の問い合わせを何件かいただいたことがある。
問屋に問い合わせても代わりとなるような製品がないことを確認している。
中には、部品を外して一度お湯で温めることで対応したり、パテを使った補修で対応したお客さんもいた」

そして、変速機ごと取り替える対応が可能か?と尋ねると

「それは普通に対応可能と思われるが、現行製品のフレームとの互換性の確認が必要で、どの製品がフィットするかは現物を見ないと何とも言えない」

さらに

「そこまでやるとカスタマイズになってくるので、カスタマイズの得意なショップならば最適解もご存じかも知れない」

「G店さんがそういうショップだと思っていたんですが」と言葉を挟むと、電話の向こうで苦笑されていました(笑)

o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三

この店員さんに「どこか心当たりのショップがないか?」と尋ねたところ、「例えば」と教えてもらったのが都内のS店でした。

このショップも、BD-1のカスタマイズパーツ購入でお世話になった店です。
世間が狭すぎないか(笑)

早速電話すると、やはり状況はすぐに把握いただきましたが

「カスタマイズの相談になるので、電話ではなくメールかご来店で対応させていたただきたい」

とのことでした。

o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三

こうしてショップに問い合わせを行いましたが、当初私が期待していたのは、現在のシフトグリップの代わりに、左右別体式(右が外装、左が内装3速)に交換するような対応が考えられないかということでした。

どこからも、この自然なアイデアが出てこなかったのは、実際には現実的でないからだろうか?
それとももしかして、電話で対応方法をすらすらと説明したら、ノウハウだけ提供することになりかねないと思ったからか?

まあいずれにしろ、どこかに持ち込むしかこの先進めようがなさそうです。

とその前に・・・

もう一つ問い合わせる先がありました。
製造元です。

WEBサイトに問い合わせ先のメルアドが開示されていたので、相談を投げてみました。

すると、早々に大変丁寧な返信がありました。
以下、原文のまま抜粋します。

「製造終了から、既に20年以上が経過しております。

本製品に使用しております、SRAM社のDual Driveという変速システムも、既に生産終了されてからかなりの年月が経過しております。

当時、シマノ社からも「intego」という、SRAM社のDual Driveと同じような変速システムが販売されていましたが、こちらもSRAM社のモノよりも短期間で生産終了しております。

システム自体が、とても特殊な商品だったため、現時点で、弊社の把握している限り、対応策と言うのは残念ながら存在しません。

とはいえ、大変お困りのことと思いますので、何かしらの対応ができないか、海外のパーツストック状況を含めて、調べたうえで改めて回答させていただけばと思います。

ご要望にお応えできない場合も、十分に考えられますが、10日から2週間ほどお時間をいただけないでしょうか?」

こうして、現在は回答待ち。
回答内容に応じて、次のアクションを考えてみます。