あれとかこれとか活動記 withコロナ

週末の超スローライフを綴ります ポタリング、釣り、キャンプ、ハイキング、散策、外飯、庭呑み・・・

【狂犬通信 Vol.115】小机城の考察2

小机城のもう一つ気になる点として、東西二つの曲輪のどちらが主郭であるかという疑問と、二つの曲輪の間に設けられた、細長い小さな曲輪は何を目的としているかという点です。
この細長い曲輪を注意してみると、二つの主要な曲輪より高く、東西二つの曲輪からは互いに反対側の曲輪を直接見渡せなく成っています。
この事から、この細長い曲輪は、東西二つの曲輪のどちらを敵に奪取されても、残った曲輪が直接攻撃を受けない様に防衛する目的で構築されたと思われ、現況から西曲輪が現在の状態に整備された時に、曲輪の東側を廻っている土塁の内側に堀切を掘って、西曲輪から分離して造られた様に見えます。
更に詳しく見ると、細長い曲輪の北側は、西曲輪の方へ張り出しており、西曲輪と細長い曲輪の間に掛かる土橋を側面から掃射出来る構造と成っています。
東曲輪との間には見られない構造で、西からの攻撃に備えて、この細長い曲輪が構築されているという事です。
と言うことは、東曲輪が一番重要な曲輪という事に成り東曲輪が主郭、西曲輪がニノ郭という事に成ります。
一般的には、西曲輪の方が高い位置にあり、構造的には新しいため、西曲輪を主郭、東曲輪をニノ郭とされていますが、私的には逆ではないかと愚考します。
小机城の西側は第三京浜に削られてしまって、城の西側の遺構が失われてしまって、城の西側の姿が不明ですが、城の西側で南側の台地と繋がっているため、この城は地形的に南西側からの攻撃に弱い事からも、東曲輪が主郭という線はあると思います。
専門家の中にも、私と同じく東曲輪が主郭と考える方も居るようです。
何故、東曲輪を主郭と考えるのか、説を聞いてみたいですな。

f:id:toei-sportif:20210922181632j:plain

f:id:toei-sportif:20210922181642j:plain

f:id:toei-sportif:20210922181650j:plain

※内容に誤りがある事があります。(by 綾瀬の狂犬氏)

【狂犬通信 Vol.114】小机城の考察

小机城の特長は何と言っても、東西二つの主要な曲輪を取り巻く、城の規模に不釣り合いな位に巨大な空堀でしょう。
曲輪を取り巻く様に掘られた堀は横堀と呼ばれ、戦国後期の城の特長の一つです。
小机城のもう一つの特長の一つに、横堀の外側、丘陵の斜面に対してびっしりと腰曲輪を設けている点です。
丘陵の斜面の勾配が登れる程度のもののため、登れない様に切岸(人工急斜面)を設けた副産物なのですが、堀や土塁を使わず、斜面に低い切岸を多数設ける(結果的に斜面に多数の腰曲輪が出来る)のは、戦国時代前期の特長です。
城は戦術の変化と共に構造が変化するため、使用期間の長い城では、戦国前期と後期の両方の特長を併せ持つのは珍しく無いのですが、小机城の場合は時代と共に徐々に改修されたと言うより、戦国末期に一気に改修された印象です。
武蔵南部は直接敵と対峙していないため、軍事的緊張度が低いため、旧態然とした城でも問題無かったのが、急に軍事的緊張度が高まったため、急遽改修されたと思われます。
現在の姿に改修された時期については不明ですが、永録4年の上杉謙信の来襲時か、永録13年の武田氏との抗争開始のどちらかでしょう。(大量の鉄砲を使用する前提の縄張なので、北条氏が鉄砲を主力兵器とした時期の後に改修されたはずです。永録4年の謙信来襲時に、北条幻庵が500丁の鉄砲で上杉勢を迎え撃つ様に配下に命じた記録が残っている様です)
天正18年の豊太閤の小田原征伐の時は城は放棄された様ですが、武蔵南部の武士で構成される戦闘部隊の小机衆(小机衆は他の北条氏当主の直轄部隊と比べて、人数、役高共に大きく変わらない)の拠点城郭とは言え、規模の小さい小机城は豊太閤の大軍を迎え撃つには不適格と判断されたのでしょうな。

f:id:toei-sportif:20210921212101j:plain

f:id:toei-sportif:20210921212113j:plain

f:id:toei-sportif:20210921212148j:plain

※内容に誤りがある事があります。(by 綾瀬の狂犬氏)

EB金具

自転車乗りの中でもランドナーに縁がないと、聞き慣れない言葉だと思います。

EB金具とはこれ

f:id:toei-sportif:20210920210246j:plain

フロントバッグの底部をワンタッチでキャリアに脱着可能とする金具で、岐阜の「ヴェロ ドゥ レーヴェ」(Velo du reve)の製品です。

f:id:toei-sportif:20210920210319j:plain

これをフロントバッグに装着することで、この狭いスペースに指を入れて、革ベルトで脱着するストレスから解放してくれるアイデア商品であーる。

f:id:toei-sportif:20210920210349j:plain

フロントバッグへの取り付けは、取り付け位置さえ注意して決めれば、後は簡単。

慎重に位置を決めてケガく。

f:id:toei-sportif:20210920210439j:plain

5mmドリルで穴を開ける。

f:id:toei-sportif:20210920210543j:plain

六角レンチでボルトを締めれば取り付け完了。

f:id:toei-sportif:20210920210746j:plain

内側にちょっと出っ張りが出来ますが、小さいので邪魔になりません。

f:id:toei-sportif:20210920210818j:plain

いい感じですね~、この装着感!

f:id:toei-sportif:20210920210843j:plain

・・・って、金具が見えるわけじゃありませんが(笑)

f:id:toei-sportif:20210920210907j:plain

しかし
手放しで喜べないのは・・・

本当は、キャンピング改め湯沸かしポタ用となったALPSに装着したかったんです。
フロントバッグの脱着機会は、ALPSの方が圧倒的に多いのだ。

ところが、このライトステーが干渉して、取り付けるスペースがないことが判明。

f:id:toei-sportif:20210920210957j:plain

こうして既にTOEIに転用してから思いついたのですが、片側だけでも付ける手はあるのかな。

税込 2,640円。
もう1セット調達しよう!

祝・50周年!

50年前の今日、世界初のカップ麺「カップヌードル」が誕生。

www.cupnoodle.jp

当時、私は中1でした。

早速家からカップヌードルを持ってきて、弁当の時間に自慢げに食べてた奴がいましたね。

私はその頃、大のラーメン好きでしたが、このカップに入ったラーメンが旨そうに思えなくて、積極的に食べたいとは思いませんでした。

それでも、販売を開始してしばらくしてから母親が買ってきて、私も遂に食べることになりました。

しかし・・・

全然美味しくない!
特にスープ。
外食の時はもちろん、袋入りラーメンだってスープを残すことなんて絶対なかったのに、このスープは全く口に合わなくて、ちょっと口を付けただけでギブアップ。

そんなこともあって、普通にカップ麺を口にするようになったのは、かなり後年のことになります。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

こんな節目の日でもあるし、台風接近中で外に出るのも億劫な今日のお昼は、家でカップ麵を食べることにしました。
カップヌードルはないけれど、それ以外のカップ麺なら何かしら買い置きがあった筈と思って探すと、これが全くない。

諦めた瞬間に閃いた。

カミさんが山用に買い置きしているリフィルがあるじゃないか!

f:id:toei-sportif:20210918135001j:plain

無事カップヌードルにありつきました。

f:id:toei-sportif:20210918135023j:plain

もちろん、今ではカップヌードルへの抵抗もなく、特に野外活動の時など美味しくいただきます。

でも・・・

こうして家にいる日は、「もっと美味しい物食べれば良かった」と、何だか1食損した気分になりますね(笑)
私にとっては、もっと安価な袋入りラーメンの方がよっぽどご馳走なんです。

あ痛たたっ

ちょっと前の話。

カミさんが某ファストフード店の駐車場でやらかしました。
車止め近くにある障害物に気付かず、バックでコッツンしたようです。

f:id:toei-sportif:20210916145727j:plain

バンパーはかすり傷ですが、ディフューザーが軽く変形してバンパーとの結合部に隙間が生じています。

早速、いつもお世話になっている車屋に相談。

普通に修理するのが無難ですが、ディフューザーはパテ修正と再塗装が必要で、表面のシボが見えなくなり元通りにはならないとのこと。

かと言って、ディフューザーを部品交換すると、純正部品代だけでも6諭吉強。
これだけの傷のために・・・
大枚はたいて元通りか・・・

ならば一層のこと、カーボン(風)の社外品に交換したるか!
と思ったのですが、車屋に部品をあたってもらったところ、今でも流通しているディフューザーの社外品は「ヴーメラン(Voomeran)」の1社くらい。
多分、これのことだと思います↓

voomeran.jp

当てると割れちゃうFRP製で58,000円。
憧れのカーボン(風じゃない)は89,000円!

ちなみに、ヤフオクを見ると、とっても安い中華製が売りに出ていますが、板金屋曰く「あれは(まともに)つかない」とのこと。

ならばやっぱり修理するのが無難だな・・・
どうせシボが消えて元通りにならないなら、ピッカピカの艶ありブラックで塗ってしまうか。
それともカーボン柄のカッティングシートを貼っちゃうか。

未だ悩み中です。

サマー・オブ・ソウル

この映画を知ったのは、ウォーキングしながら聴いている朝のラジオ番組でした。
特にブラックミュージックが好きってわけでもありませんが、ちょっと気になってネットで検索して見つけたのがこのサイト。

searchlightpictures.jp

スライ、スティーヴィー・ワンダーB.B.キングといった、ソウルミュージック音痴の私でも知っているビッグネームが登場します。

しかし、私を劇場に運んだのは、ハービー・マン、マックス・ローチ、そしてニーナ・シモンです。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

上映館が少ない上に、上映時間もかなり限られています。

市内では「T・ジョイ横浜」と鴨居のららぽの2館のみ。
まだ行ったことのなかった「T・ジョイ横浜」を訪れました。

「T・ジョイ横浜」を収容するJR横浜タワーを訪れるのも実はこれが初めて。
ビルの構造がわかってなくて、あやうく上映時間に遅刻するところでした。

相鉄の2F改札を出てそのまま直進して吹き抜けに出ます。
この時、上映開始時刻まで約10分。
「ああ、電車が見えらあ~」なんて呑気に写真を撮っていました。

f:id:toei-sportif:20210915165319j:plain

ここからさらに直進して、店舗が並ぶフロアに入ってエレベータで8Fに上がろうとしたのですが、店舗フロアの入口が閉まっています。
10時をとっくに回っているのに開店前かい!

そして、ここから上へ下へ奥への大迷走が始まりました。
どうやったら8Fへ行けるんだ?
ウロウロしていて気付いたんですが、同じようにウロウロしている難民を何人も見かけました。構造的欠陥では?

とうとう降参して、来る時に見かけた吹き抜けの一角にあった観光案内所に飛び込んで事なきを得ました。

f:id:toei-sportif:20210915165519j:plain

館内に入場した時、既に上映時間を回っていて、スクリーンには予告が流れていました。

f:id:toei-sportif:20210915165543j:plain

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

いい映画でした。

音楽の源泉となった出来事や時代背景の描写もよく出来ていますが、やはり何よりも音楽が素晴らしい。

「さあ、いい曲を作ろう!」

とか

「最高のギグにしようぜ!」

って感じじゃない。

淡々と語り始めたら、次々と湧いて来る感情に突き動かされて、気が付けば爆発しているって感じ。
予め綿密に作り込んだ「人工」感がないって言うのか。
ソウルミュージック」とは、何て言い得て妙なんだろう。

・・・なーんて、還暦過ぎたこの歳になって初めて感じました。

特に響いたのはゴスペルです。
これまで、宗教を出汁にしたミュージカルみたいな印象があり(何かの映画の影響でしょうか?)軽い抵抗感を持っていましたが、、、

あの湧き上がってくるような興奮がちょっと理解出来た気がします。

聴かず嫌いでした。
でも、生きてるうちに目覚めて良かったのだ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

一つ心にひっかかることが。

エンドロールが流れた後のあのワンシーンは何だったのだろう?
きっと、何かメッセージが込められているのでしょうが、残念私にはわかりませんでした(涙)

この映画をご覧になった方がいたら、こっそり教えてください。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

映画は昼過ぎに終わって腹ペコ。

せっかくなんで「ニュウマン」の中でランチにしようかと思ったんですが、、、

f:id:toei-sportif:20210915165639j:plain

当たりをつけた店がどこも結構混んでいてやめました。

7月にオープンして未だ行ってなかったラーメン屋を目指して、地元に戻ります。

「特製醤油らぁ麵」をいただきました。980円也

f:id:toei-sportif:20210915165745j:plain

「丼の下の方が熱くなっているのでご注意ください」

と言われて出てきたのですが、熱々感が私には物足りませんでした。

熱い音楽を浴びたきたばかり。
口の中をやけどするくらいの熱いラーメンが食べたかった(笑)