ほぼほぼ野外活動記

週末の超スローライフを綴ります ポタリング、釣り、キャンプ、ハイキング、散策、外飯、庭呑み・・・

月曜断食

既にきっかけは忘れましたが、今年の3月から月曜断食を始めました。
確か、ネットで目にして興味をもったと思いますが、記憶が定かでありません。

月曜断食とは、週に1度、月曜日に欠食(≒断食)を行うダイエットのこと。
すご~くざっくり言えば、土日が休日のダイエッターをターゲットに、土日は少々羽目を外して楽しんでもいいが、その代わりに翌月曜日は欠食することで、週単位で摂取カロリーのバランスをとろうっていうダイエットです。

もちろん欠食する曜日を月曜日に限定する必要はなく、各人の生活に合わせて曜日を決めればいいので、「週1断食」って呼ぶ人もいるようです。

で、その欠食の日ですが、当日3食食べないやり方と、朝だけ食べて翌朝まで24時間食べないやり方(=2食抜き)とがあります。

私が教科書としたこの本は前者でしたが、ネット情報を参考に後者を採りました。

f:id:toei-sportif:20190409200604j:plain

さらに、教科書に書いてあることをそのまま実践すると、間違いなく続かないと思い、オレ流に緩~くアレンジしています。
こんな感じ↓

月曜日   欠食:朝食だけ食べる
火~金曜日 良食:ダイエットアプリで設定した1日の摂取カロリーを守る。
         量だけではなく栄養バランスに留意して、毎日高得点
        (90点以上)を目指す。
土日曜日  美食:好きに食べる(^^♪

始めて6週目に突入していますが、これはなかなかいいと思いました。

一つは、始める前に思ったほど敷居が高くなかったこと。

欠食の月曜日。

朝食を食べているせいか、日中お腹が空いたり体調が悪くて仕事に影響が出るようなことは、私の場合一切ありません。

いつも昼休みは、昼食食べて軽くくっちゃべってから寝ていますが、昼食抜いて大熟睡出来ているのでストレスもなし!

夜はさすがにちょっと口寂しく感じますが、家に帰ってからボケーっとテレビとか見ないで、自転車や釣りやキャンプの道具を軽く整備したり、このつまらないブログ記事を書いたりしていれば、それなりに気が紛れるものです。

もう一つ、始めて良かったと思ったこと。
それは、もちろん効果です。

何より、土日の食事制限、酒の縛りがないので、週末は何の気兼ねもなく爆食して呑みまくれてストレスが溜まらない。
月曜日の朝、呑み過ぎて少々体調が悪くても、以前のように「あんなに呑まなきゃ良かった」って後悔することもなく。
「さあ、断食で体調を戻そう」って前向きな気持ちになれます。

実際に24時間断食で内臓を休ませることで、体調が良くなることを実感できます。

そして、意外や・・

土日は何をどれだけ食べてもいいんだと思っても、平日の節制を無にするような爆食はもったいないと思えてきました。
爆食、大酒も、ちょっとだけ加減するようになったかな?
いや、そうでもないか(;^_^A

最近は、食べる物一つ一つをきちんと味わって食べるようになったのも、自分なりの変化。
食べ物を、喉越しに味わっていたのが、舌で味わうようになった感じ。

食べることは生きている証。

自分の力で食べられなくなった時が寿命という考え方があります。
食べる力があるのに、食べ物が手に入らなくて、死んでいく人たちもいます。

食べられることは本来感謝しなければいけないことなのに、「食べ過ぎが止まらなくて困っている」なんて悩みは、そろそろ卒業しなけりゃいけません。

先日公表された世界幸福度ランキングで日本は58位。
GDPや成長力ランキング等、経済面の低迷を原因とする評論が目立ったけど、本当にそうか?

私自身、美味しいものなんて滅多にありつけなかった幼少時代を思い出せば、今の生活は天国なのに、何故かそれを「幸せ」と思えず、日々食べ過ぎと格闘している。

何が足りない?
何を求めている?

年齢相応にもっと成熟しなければ。

と、すっかり取り留めがなくなったところで、オシマイ