ほぼほぼ野外活動記

週末の超スローライフを綴ります ポタリング、釣り、キャンプ、ハイキング、散策、外飯、庭呑み・・・

氷点下の釣行@王禅寺

北半球が大寒波に飲み込まれている中、今朝お寺に行って来ました。

開門時刻の6時ちょうどに到着。

f:id:toei-sportif:20180127130229j:plain

スマホの天気予報アプリを見れば、現地の気温はこの時マイナス2.1℃!
一方、ポンドの水温は6.4℃で、意外や前回初釣りの時よりも0.2℃高かった。

来るまでは、もしかしてポンドに氷が張ってるんじゃないかと心配していましたが、地下水を汲み上げた水だけあって、外気よりも高い温度を維持していました。

いつも車を止めるジロー池横の駐車場はこんな有様で、、、

f:id:toei-sportif:20180127130311j:plain

凍結のため使用禁止。

f:id:toei-sportif:20180127130331j:plain

久しぶりで、イチロー池横の、やたらと車間の幅が狭い駐車場に車を止めます。

f:id:toei-sportif:20180127130402j:plain

誰が作ったのか、ポンド脇に小ぶりなカマクラが。
猫用?

f:id:toei-sportif:20180127130454j:plain

入ったのは、いつもの林側。

f:id:toei-sportif:20180127130534j:plain

スタート時、魚がピョンピョンとライズしているのですが、なかなかバイトがありません。
あれは捕食行動ではなくて、身体を鍛える朝練なんでしょうか^^;

30分を要して、ようやく最初の1匹をあげました。
前回もヒットしたMIU1.5赤金ラメです。

この時、近くにいた猫が寄ってきて興味を示しています。

f:id:toei-sportif:20180127130658j:plain

以前、種馬氏が近寄る猫に釣ったニジマスを与えようとしたことがありました。
その時、地上でピョンピョン跳ねるニジマスには結局手を出さなかったことがあり、余裕で写真なんか撮っていたら、、、

f:id:toei-sportif:20180127130731j:plain

この猫は、まだルアーが口にかかっているニジマスを咥えるや、あっという間に逃走!
ルアーとラインで繋がっている俺のブロンズウルフが、がらがらと地面を引きずられていくではないか!!!
慌てて追っかけてロッドを掴むと、プチッとラインが切れて、猫は魚を咥えて走り去ってしまいました。

大事な当たりルアーをロストした_| ̄|〇
おまけに、ロッドまでロストするところだった。

まさかとは思うけど、あの猫、魚の口先に刺さっているスプーンまで飲み込んだりしないだろうなあ?
無事を祈る。

<・)))><< <・)))><< <・)))><< <・)))><< <・)))><< <・)))><< <・)))><< <・)))><< <・)))><<

今朝は、留吉氏とのサシの釣行でした。

f:id:toei-sportif:20180127133107j:plain

この通り、寒いせいか釣り人も少なく、狭いエリアですが、ひとりランガンを楽しんでいました。

f:id:toei-sportif:20180127133129j:plain

さて、前回の釣行で、エステルラインとフロロリーダーの結束部が切れるトラブルがあったため、改善策として、これまで愛用してきた電車結びをやめて、ホワイトウルフこと松本幸雄氏お勧めのトリプルサージェンスノットに変更。


したところが、リーダーの切れ・抜けはなくなりましたが、今度はスナップが抜けてルアーロスト。
これまた前回のヒットルアー、Tearo1.6のK.FⅡ(福田和範カラー)が異次元空間に飛んで行ってしまいました_| ̄|〇

 

残念なルアーロストの一方で、ちょっと楽しかったこと。

FO王禅寺はマッディな水質でサイトフィッシングとは無縁なサイトですが・・・
ルアーを巻いてきて目の前2~3m先で水面近くに浮かび上がり見えてきた時に、魚がバイトする瞬間を2回目撃。
見える魚が釣れた時は本当楽しいのだ!

 

結局3時間で釣果は7匹。

これが今日の当たりルアー(ロストした2つを除く)

f:id:toei-sportif:20180127133313j:plain

そうそう、右下のふわとろは初登板でめでたく初勝利。

今日のヒーローインタビューです↓

カーディフ ふわとろ 35F 2.5g ウォータークリア

2~8秒/1回転 デッドスロー対応(#1000S)
ふわふわ浮いて、とろとろ巻ける!
ゆっくり巻くだけジョイントクランク

思いっきり、ゆ~っくりゆ~っくり巻いてみてください。リールが止まるほどにゆっくり巻いてみてください。ルアーの泳ぎを止められますか??止まりませんよね??その位にこのジョイントはごく僅かな流れの変化でもユラユラと動いて、まるでフライの様に妖艶に誘い続けます。
もし、ルアーの泳ぎを止めることが出来るくらいにゆっくり巻いていれば、そのスピードこそが、このクランクの最大の能力を発揮できるデッドスロースピードです。とにかくトロトロトロトロ巻いてみてください。するとあなたのロッドは急激に水面に引き込まれるはずです。

 

一方こちらは外れルアー
使っているカラーが偏っているなあ(;^_^A

f:id:toei-sportif:20180127133413j:plain

 

寒くて寒くて、手はかじかむし、耳は痛かったけど、いつものように楽しい3時間でした。