ほぼほぼ野外活動記

週末の超スローライフを綴ります ポタリング、釣り、キャンプ、ハイキング、散策、外飯、庭呑み・・・

20歳八冠に向けて好発進

久しぶりに将棋の話です。

藤井聡太

10代にして五冠を獲得。
既に棋界の頂点にいることは誰も異論がないと思います。
あとはいつ名人位を獲るか、いつ八冠全てを独占するか。

これまでの最年少名人は、谷川九段の21歳2か月です。

昭和58年(1983年) のこと 

藤井五冠の誕生日は2002年7月19日。

もしも、藤井五冠が今年度のA級順位戦を勝ち進んで来年度の名人戦の挑戦者となり、4~6月に行われる七番勝負で勝利すると、谷川九段を抜いて20歳での名人位獲得となります。

相手は「ヒフミン」こと加藤一二三

そして、残るタイトル戦の王座戦棋王戦をそれまでに獲得し、かつ五冠全てを防衛していれば、20歳での八冠制覇となります。

そんな夢物語あるわけないと一笑に付すような話ですね、普通は。
でも、藤井五冠の強さを見ていると、まんざら馬鹿げた話でもありません。

そんな藤井五冠が、今年度最初のタイトル戦である叡王戦防衛に向けて発進しました。

連敗へ向けて好発進?

幸先良い1勝を挙げました。
が、この記事致命的な誤記があります(笑)
今見ると、既に修正されていました。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

ところで、今年の名人戦七番勝負が既に始まっています。

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が挑戦。
第2局まで進んで渡辺明名人が2勝しています。

mainichi.jp

しかし
対戦中のお二人には本当に申し訳ないんですが、注目度が低いですねえ・・・

でもこれが勝負の世界。
一番強いと思っている棋士が不在のタイトル戦、私も正直興味が湧かないのだ。