ほぼほぼ野外活動記

週末の超スローライフを綴ります ポタリング、釣り、キャンプ、ハイキング、散策、外飯、庭呑み・・・

仁伏 ~ 屈斜路湖プリンスホテル (MKTセクション2)

案内に従い、湖畔から離れて斜面を登って行くと、再び道52(屈斜路摩周湖畔線)に出ます。

ここからは、またリエゾン
森に囲まれた道道の歩道を歩きます。

地図を見れば、この先ずっと屈斜路湖沿いの道なので、湖を横目に見ながら飽きずに歩けるかと思っていましたが、実際はどこまでも行っても樹木・樹木・樹木・・・
暑いこともあって、道道の歩道を歩く区間の長いこのルートを「トレイル」と呼ぶことに、ちょっと不満を感じ始めました。

やがて「砂湯」という観光スポットに着きました。



湖畔のキャンプ場。



レストハウスがあります。
(汗拭きタオルが写りこんだ^^;)



ちょうどお昼時だったので、ここで昼食にしました。
ちなみに、ここで食べておかないと、この日の終点まで食事をとれる店は皆無でした。

見た目、あまり美味しそうに見えないバターコーンラーメン(塩味)をいただきました。
(普通に美味しかったです^^;)



既に軽い脱水症状だったんでしょうか?
暑いにも関わらず、汁気のないご飯物より、ラーメンに目が行ってしまいました。

そして、売店で売ってるピスタチオのソフトクリームがここの名物らしいんだけど、喉が渇きそうで手が出ませんでした。
普段なら飛びつくところ・・・

屈斜路湖と言えばクッシーです。
すっかり忘れていましたが、その昔そんな騒ぎがありましたね。



波打ち際の砂浜を掘ると温泉が出るそうで、この炎天下でも、何組かの家族連れが穴を掘っていました。



また、冬になるとオオハクチョウが大挙飛来するそうです。
出来ることなら、季節を変えて車で来たいものです。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

重い腰を上げてリスタート。

次のポイントは「池の湯」です。
こんなに暑いのに、また温泉か・・・

池の湯の手前で、右へ分岐する小径あり。



池の湯・コタン旧道と呼ばれる、かつてのアイヌの方の生活道路だそうです。

サインはこの道を指しています。



ここからは、池の湯はすぐそこ



池の湯露天風呂





近くに茂みの中にバスが放置されていました。



池の湯温泉への送迎バスでしょうか?(笑)

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

道52の湖畔寄りに通じている旧道を進みます。

約3kmほど歩いて、道52に合流。



途中、立ち込みでやってる釣り人がいました。
どうやって来るのかと思いましたが、ここに車が停められるんですね。
後から調べたところ、この付近アメマスのポイントらしい。

この先1kmで古丹です。



古丹(コタン)と言うのは、この地の地名ではなく、アイヌ語で「宅地」をさし、アイヌ民族の生活の本拠地のことだそうです。

ja.wikipedia.org

「色丹(シコタン)」「積丹(シャコタン)」
そういうことか!

川湯温泉を出てから初めての人が住む集落です。



ここで、またしても野湯あり。

コタン温泉露天風呂



こんな風景を見ながら風呂に浸かれる幸せ



ここまでの風呂と同様、冬はオオハクチョウを目の前で見れるようです。

しかし
この頃、暑さに参って、もはや温泉や風呂なんてどうでもいい気分でした。

ようやく通りかかった集落で、休めるお店があるかと期待しましたが、お店はおろか自販機もない。

水分も切れていましたが、諦めて先に行こうとしたところ、アイヌ民族資料館の裏手に・・・



移動販売車が止っていました。

聞けば、本来は決まった地元住民向けの販売だけとのことでしたが、この天気で汗だくの我々を見て、冷たい飲み物を売っていただきました。
ありがとう、ホクレン実り恵み号!



冷やっこい飲み物で喉を潤して、元気を取り戻しました。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

屈斜路湖の最南部。

ここから釧路川が流れ出します。



流れ出しから河口までダムも堰もない釧路川は、カヌーイスト憧れの川だそうです。

眺湖橋より下流方面を望む



ここから下って行けば、前日体験した釧路湿原まで行けるのか・・・
楽しそうだなあ~

さて
長かった一本道が、R243通称「パイロット国道」に突き当たり、ここを右折して、あとはR243で目的地に向かいます。

スマホでルート図を見ると、途中で和琴半島へと寄り道がありますが、農耕地の中を直進して終わり。
わけないだろうと思っていました。



ところが、これが北海道マジックです。
とにかく、畑以外何もないし道もやたらとまっすぐなので、地図上は近い距離に見えるんですが、、、
歩いてみると、行けど進めど目的地が近付いて来ません。

やっと見つけた自販機でコーラを買いましたが、一瞬で飲み干しました。

そして、ようやく和琴半島への四つ角まで来ましたが、わざわざ行って戻ってくる余力なし...。



それに・・・

ここを曲がれとの「MKT」のサインがない。

 「じゃあ、ここを曲がるなんてわからないじゃん!」

と子供みたいな理由を付けて、ここは素通りと決めました(笑)

でも、これで正解。

この後も、ゴールがなかなか見えずに死の行軍。
次第に、頭の真ん中辺りがもやもやしてきて、これは熱中症の症状だと気付きました。

ようやくホテルが見えて来た時、「もう歩くのはご免」と思ったことです。



とにかく、これにてMKTは完歩!

到着すると、先ずは自販機でコーラを買って、またも一気飲み。

部屋のシャワルームで汗を流して、結局大浴場へは一度も行かず。

夕食はバイキングでしたが、カミさんが驚くくらいの小食ぶり。
もったいない・・・(T_T)

アルコールを飲む気にもなれず、ひたすらフリードリンクのメロンソーダをお代わりしていました。

そして、、、
ホテルの窓から屈斜路湖が見えたことは覚えていますが、部屋の設備や内装を全く覚えていないことに今気付きました。

(続く)