ほぼほぼ野外活動記

週末の超スローライフを綴ります ポタリング、釣り、キャンプ、ハイキング、散策、外飯、庭呑み・・・

西平畑公園でお花見

河津桜が見頃を迎えた西平畑公園に行ってきました。

小田急小田原線新松田駅で下車。

f:id:toei-sportif:20210221142501j:plain

駅前のこの食堂の佇まいにハートを射抜かれて、お昼はここと決めました。

f:id:toei-sportif:20210221142536j:plain

世の中は未だコロナ禍中なので、例年河津桜の開花に合わせて行われる「まつだ桜まつり」は中止です。
また、公園の駐車場も閉鎖中のため、訪れる人も少なく、のんびり河津桜を眺めるのにむしろ好都合でした。

東名高速横にある公園登り口では、、、

f:id:toei-sportif:20210221142619j:plain

係員の方による検温が行われ、また注意書きが書かれたパンフを配布していました。

f:id:toei-sportif:20210221142704j:plain

公園の敷地は、富士山と相模湾を望む斜面にありますが、上まで登るのはわけありません。

f:id:toei-sportif:20210221142733j:plain

菜の花とのコラボがまた美しいこと!

f:id:toei-sportif:20210221142800j:plain

写真では上手く写すことが出来ませんでしたが、遠くに相模湾が望め、かすかに(多分)大島も見えました。

f:id:toei-sportif:20210221142849j:plain

視線を右手前に移すと、酒匂川が流れ、これに架かる橋が見えます。

f:id:toei-sportif:20210221142937j:plain

橋を渡った先が開成町
上の写真では一番奥の小田急線の橋梁の先の辺りに、開成水辺フォレストスプリングスがあります。

視線をさらに右に移すと、酒匂川の上流方面に金時山、宝永山、そして富士山が眺望できます。

f:id:toei-sportif:20210221143054j:plain

こうして見ても、富士山のスペシャル感は半端ないですよね。
自然に出来上がったものではなく、何かによって設計され造られた山だと、私は信じて疑いません。

河津桜は満開

f:id:toei-sportif:20210221143324j:plain

車を締めだした駐車場からは、こんな絵葉書みたいな風景が望めます。

f:id:toei-sportif:20210221143453j:plain

「スカイスウィング」と名付けられたこのブランコは、昨年出来たばかり。

f:id:toei-sportif:20210221143651j:plain

この通り、乗るチャンスは十分ありましたが、恥ずかしくて無理。
小心者です(笑)

公園を奥に進むと駅があります。

f:id:toei-sportif:20210221143745j:plain

園内を1/6スケールのライブスチームが、人を載せて走ることは知っていましたが、ロケットにも乗れるとは知らなかった。

f:id:toei-sportif:20210221143814j:plain

ターンテーブルがそそります。

f:id:toei-sportif:20210221143853j:plain

(多分)飾りじゃない腕木式信号機

f:id:toei-sportif:20210221143921j:plain

ここから先は入れませんでしたが、スイッチバッグとリバース線があった模様。

f:id:toei-sportif:20210221143945j:plain

こうして、園内の「ふるさと鉄道」沿線の散策も終わって、いよいよ残すはお花見です。
パンプに、園内の飲食を禁止する注意とかなくて安心しました。

駅から来る途中の酒屋で仕入れたお酒とカワハギで乾杯!

f:id:toei-sportif:20210221144023j:plain

お花見を終えると、公園を後にします。

f:id:toei-sportif:20210221144117j:plain

駅まで向かう途中に通りががった割烹料亭で、お昼をいただきました。

f:id:toei-sportif:20210221144223j:plain

既に軽く出来上がっていて「マニラ食堂」のことをすっかり忘れていた(笑)

JRの松田駅本屋前を通りますが・・・

f:id:toei-sportif:20210221144457j:plain

帰路も小田急線で帰りました。

f:id:toei-sportif:20210221144531j:plain

往路と帰路はルートを分けたいところですが、自宅に帰るのに、JR御殿場線東海道線を使うとえらく遠回りとなるので・・・
もちろん、御殿場線をD52が牽引する狭窓スハ32系の客車が走っているならば、間違いなくJR、じゃなく国鉄で帰ったことでしょう。