ほぼほぼ野外活動記

週末の超スローライフを綴ります ポタリング、釣り、キャンプ、ハイキング、散策、外飯、庭呑み・・・

散策そろそろ再開

・・・というわけで(どういうわけ?^^;)

革袋は新しく替えましたが、変わらぬ駄文をまた注いでいくので、よろしくお願いします。

o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三

記事のトップバッターに据えるのは、散策ネタしか考えられません。

過去をちょっと振り返りますと、、、

2013年の夏、交通事故を受傷し医師より自転車禁止令発布。
週末恒例の早朝ポタに行けなくなり、仕方なく自宅から2~3時間かけて散歩するようになりました。

この年の11月に、タイミング良く横浜市が「よこはまウォーキングポイント」なる健康施策を始めました。
市民の病気予防のために、参加者に配布する歩数計で歩数データを集計・管理し、一定の基準に達した参加者の中から抽選で商品券等をプレゼントする取り組みです。

これに速攻で反応したのが配偶者。
ちょうどこの頃、健康志向に目覚めたこともあり、ちょっとお得なこともありそうなこの企画に飛びつきました。
既に自転車に乗れるようになっていた私も、歩くことに興味を持ち始めたこともあり、週末は揃って散策に出かけるようになりました。

あてもなく歩くのもそれなりに楽しかったりしますが、毎週となるとさすがに飽きてしまいます。
そこでテーマを決めて歩くことにしました。

最初に目を付けたのが都筑区です。
区が用意した散策マップを片手に試しに歩いてみたところ、港北ニュータウンは歩車が分離されて歩きやすく、また残された自然がマンション等の建造物と上手く共存していて、同じ市内でも地元とは大きく毛色が異なる環境にすっかりはまってしまいました。

次に向かったのが鎌倉です。
何がきっかけかは忘れましたが、切通しに興味が湧いて、釈迦堂切通しを訪れたのを皮切りに鎌倉七口を歩きました。f:id:toei-sportif:20171123213414j:plain

更には、隣接する横浜南の森一帯(円海山周辺)、そして鎌倉古道を辿ってみたりと、鎌倉繋がりで歩く範囲を広げていきました。

鎌倉関係が自分的に一段落して「次はどこを歩こうか」と、歩くことにいよいよのめり込み始めた2016年2月のこと。

好事魔多し!

最初右膝の裏に軽い違和感を感じた脚の不調は、すぐに痛みに変わりました。

5月になって、痛みが一旦和らぐ。
「やれやれ、良かった」と、テレビで目にした関屋の切通しを訪れると、

f:id:toei-sportif:20171123213523j:plain

この辺りの佇まいに魅了されたばかりでなく、ここで知った「フットパス」に興味を持って、、、

f:id:toei-sportif:20171123213557j:plain

次の照準を多摩方面に向けました。

ところが回復してきたと思った脚が直後に一転。
毎日脚を引きずって通勤するようになります。

その後のことは、以前のブログに記してきたので、ここでは割愛。
そう、脚の不調と戦ってきた経緯を過去のものとするために、ブログを刷新したのですから。

ここにきて、脚はすっかり良くなりました。
来年抜釘手術が待ってますが・・・

そんなんで、ほぼ近場に限定していた散歩も、そろそろ脚を延ばしてみようと思います。
先ずは、1年半前に時計を巻き戻して多摩方面を歩いてみるつもりです。