ほぼほぼ野外活動記@横浜

週末の超スローライフを綴ります ポタリング、釣り、キャンプ、ハイキング、散策、外飯、庭呑み・・・

ギルガメッシュさまさま

お色気深夜番組の話題ではありません。
昨日の釣行の記録です。

お寺通いもちょっと間が空きました。
年度末はこんな私でもそこそこ仕事が忙しく、平日の朝活釣行もできませんでした。

今シーズンも残すところ3ヶ月。
イチロー池が閉鎖になったら、別の朝活を見つけなければいけないな・・・

f:id:toei-sportif:20210408175534j:plain

初夏のような天候が続きましたが、ここに来て軽く冷え込んでいますね。
まあ、これが本来のこの時期の気候なんでしょう。
昨日も暖かい服装で出かけました。

6時6分に受付を済ませて、いつもの定点撮影です。

f:id:toei-sportif:20210408174140j:plain

入った場所もいつも通り。

f:id:toei-sportif:20210408174323j:plain

開始時の水温は15.6℃。

ポンドを見回すと、人より鳥のお客様の方が多かった。

f:id:toei-sportif:20210408174400j:plain

NOA2.1赤金で始めましたが、ファーストヒットまでに30分を要しました。
ベイビーです。

f:id:toei-sportif:20210408174457j:plain

どうやら、魚はボトムに張り付いているようです。
スプーンを沈めて、巻いて、また沈めてと、縦釣りみたいなやり方。
釣れる場所は、手前のかけあがり付近ばかり。
ポツポツと5匹釣れてから、やがて長い静寂が訪れました。

ただでさえ、ストレス溜まる釣法でしたが、アタリもなくなると、もうすっかり嫌になりました。
「カワウやサギの飼育池なんてもう来てやらないぞ」
自身の腕前も省みず、八つ当たりです。

8時半頃、気分転換に朝食。

f:id:toei-sportif:20210408174741j:plain

留吉氏お勧めで、私もすっかりお気に入りになった「舞茸おこわ」が最近置いてなくて残念なこと・・・

腹を減らしたニャンコが、しばらく張り付きました。

f:id:toei-sportif:20210408174904j:plain

悪いけど、野良ちゃんへのエサやりはご法度だよな・・・

そして再開。
残るは30分です。

すると、ギルガメッシュ1.2でヒット!
この日一番のサイズで記念撮影。

f:id:toei-sportif:20210408174958j:plain

ギルガメッシュの色を変えると、またもヒット!!
サイズも更にアップして、またしても記念撮影。

f:id:toei-sportif:20210408175032j:plain

この魚がとっても元気で、垂直飛びを3回、ランディングを楽しませてもらいました。

そして3時間が経過して、これが最後の一投と決め、元の色に戻してギルガメッシュを投げると、まさかのヒット!!!

f:id:toei-sportif:20210408175118j:plain

ついに40cmオーバーです。

付き合ってくれたニジマスたちと、僅か2つのギルガメッシュに感謝して納竿。
先ほどまであんなに腐っていたのに、現金なものです。

ヒットルアー

f:id:toei-sportif:20210408175235j:plain

残念ルアー

f:id:toei-sportif:20210408175339j:plain

今回は、これまで使う機会の少なかったカラーも積極的に使ってみましたが、この通り完敗。
実績作ったのは、結局いつものNOA2.1赤金とギルガメッシュでした。

何故ギルガメッシュで釣果があるのか?
私のリトリーブのスピードや癖が、たまたまギルガメッシュを泳がせるのに合っているのかな?

さあ、今週末は待ちに待った遠征です。

初めてのポンドに臨みますが、作戦は「無手勝流」に決めました(笑)

里山ガーデンフェスタ

昨日、春秋恒例の「里山ガーデンフェスタ」に行って来ました。

ズーラシアに隣接する森で開催される花の祭典。
2017年春に始まって早や4年が経ちました。

shochukorui.blog.fc2.com

当初はいつまで続くか懸念もありましたが、こうして毎年2回いつまでも続けてくれるなら、森を切り開いたのも報われます。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

会場は、私のウォーキングコースのちょっと先にあります。

まるで新緑の季節のようなズーラシア北門への道を歩いて行きます。

f:id:toei-sportif:20210404185615j:plain

会場にとうちゃこ

f:id:toei-sportif:20210404185650j:plain

マスコットのガーデンベアはもちろんのこと

f:id:toei-sportif:20210404185719j:plain

犬や、

f:id:toei-sportif:20210404185744j:plain

羊や、、

f:id:toei-sportif:20210404185817j:plain

象がウエルカム!

f:id:toei-sportif:20210404185840j:plain

春の花が咲き誇る大花壇

f:id:toei-sportif:20210404185911j:plain

ここには笑顔しかありません。

f:id:toei-sportif:20210404185941j:plain

もうちょっと早く来れば、桜の競演もさぞ見事だったことでしょう。

f:id:toei-sportif:20210404190013j:plain

シックな色調のチューリップ

f:id:toei-sportif:20210404190047j:plain

カラフルなチューリップ

f:id:toei-sportif:20210404190108j:plain

今回も見事な大花壇でした。

f:id:toei-sportif:20210404190137j:plain

会場東側の湿地帯は、以前は菜の花がもっと咲き誇っていたと思いましたが・・・

f:id:toei-sportif:20210404190330j:plain

東入口から会場を出て帰宅。

f:id:toei-sportif:20210404190502j:plain

それにしても・・・

まだ椿が咲いている一方で、街角ではツツジやサツキが満開です。

f:id:toei-sportif:20210404190607j:plain

我が家のジューンベリーもこの通り。

f:id:toei-sportif:20210404190656j:plain

冬と夏の間にあった春が、年々短くなってくるような気がします。

桜見納めのポタ

今朝の横浜の日の出時刻は5:26。
私が自転車に乗って家を出る頃には、うっすらと空が明るくなっています。

向かったのは、毎度の目久尻川ですが、道中周りが見えるようになると、ちょっと道を変えたくなるものです。

いつもの海軍道路~牢場坂ではなく、旧上瀬谷通信施設地区を通ってみました。

f:id:toei-sportif:20210403203810j:plain

今後、相鉄と三菱地所によって、観光・農業振興・物流・公園の4ゾーンに分けて開発する予定となっており、開発地は相鉄線瀬谷駅新交通システムで結ばれる計画もあるとのこと。
どのように変貌を遂げるのか、楽しみでもあり不安でもあります。

鎌倉古道上道沿いの瀬谷銀行跡を通って、、、

f:id:toei-sportif:20210403203857j:plain

境川を渡ってからは、概ねいつもと同じルートで目久尻川沿道に出ました。

相鉄とR246に挟まれた大きな谷間を流れる目久尻川

f:id:toei-sportif:20210403203948j:plain

この付近は桜が綺麗なんですが、この通りほとんど花は散っていました。

海老名市北部公園の桜も・・・

f:id:toei-sportif:20210403204037j:plain

満開の株も、ほんの時折目にしました。

f:id:toei-sportif:20210403204140j:plain

今朝は左岸を走りました。
遠く大山をバックに、右岸を走る時にいつも休憩するみはらし広場が見えます。

f:id:toei-sportif:20210403204318j:plain

ふと足元を見ると、、、

f:id:toei-sportif:20210403204347j:plain

白詰草が密生しています。

思わず四つ葉のクローバーを探したくなりました。
こんだけあれば、すぐに見つかるぞ。
しかし、還暦回ったジジイが、一人這いつくばって四つ葉のクローバーを探している姿って・・・
うっかり大事な物でも落としたか、ちょっと頭をやられたか、、、あまりいい恰好じゃないのでやめました。

この付近で目にした2基の双体道祖神

f:id:toei-sportif:20210403204443j:plain

f:id:toei-sportif:20210403204455j:plain

こんなの見つけて眺めている方が、年相応お似合いですね。

帰りのルートもいつもと同じ。

寒々しかったこのアングルも、菜の花による差し色が入りました。

f:id:toei-sportif:20210403204555j:plain

和泉川を挟んで、相鉄線いずみ中央駅の対面。

f:id:toei-sportif:20210403204625j:plain

「地蔵原の水辺」と名付けられた親水広場があります。 

何とかギリギリ間に合ったようです。

f:id:toei-sportif:20210403204747j:plain

すぐ先の和泉遊水地付近

f:id:toei-sportif:20210403204824j:plain

これが今年の桜見納めになりそうです。

f:id:toei-sportif:20210403204902j:plain

和泉川のもうちょい上流で目に留まったのは、、、

f:id:toei-sportif:20210403204933j:plain

梨の花です。

f:id:toei-sportif:20210403205003j:plain

4月頭でこの咲きっぷりです。

f:id:toei-sportif:20210403205026j:plain

未だ椿の花が咲いている一方で、満開のツツジやサツキも見かけました。
年々、春が短くなってくるような気がするんですが、気のせいですかね?

・・・・・・・・・・・

【4/3の走行記録】(Bianchi)

距離
52.88 km 距離

栄養&水分補給
531 C 消費カロリー
-- C 摂取カロリー
-531 C カロリー正味量
1210 ml 汗による推定損失
-- ml 水分の補給
-1210 ml 水分の正味量

レーニング効果
2.0 キープ 有酸素TE
0.0 メリットなし 無酸素TE
21 運動負荷

心拍
99 bpm 平均心拍数
123 bpm 最大心拍数

タイミング
2:40:42 タイム
2:38:20 移動時間
3:39:50 経過時間
19.7 kph 平均速度
20.0 kph 平均移動速度
42.5 kph 最高速度

高度
354 m 高度上昇
287 m 高度下降
-3 m 最低高度
86 m 最高高度

ケイデンス
52 rpm 平均バイクケイデンス
223 rpm 最高ケイデンス

気温
15.3 °C 平均気温
8.0 °C 最低気温
24.0 °C 最高気温

ストローク
6835 合計ストローク

◆2021年の積算距離◆ 394.80 km

【狂犬通信 Vol.102】甲斐國都留郡・勝山城

都留郡の勝山城は富士急の谷村駅の西側、桂川を渡った場所に築かれています。
この城は都留郡の領主である小山田氏の居城であった谷村城の詰城として築城された様です。
武田氏滅亡のおり、小山田信繁が武田勝頼を自身の居城である岩殿城に迎える事を提案したと言われていますが、小山田氏の本拠は谷村であり(って言うか、都留郡の中心部)、岩殿城ではありません。
この城は徳川氏の関東移封後に甲斐に入った浅野長政(豊太閤の義弟)の義甥の浅野氏重により改修されており、すっかり織豊系城郭に変貌しています。
現在も主郭(もはや、本丸と呼ぶべきか…。)の一部に石垣が残り、崩れた石垣の石が城内の所々に転がっています。
20年位前に来たときには、あまり整備されていませんでしたが、今はすっかり整備されています。

f:id:toei-sportif:20210402133048j:plain

f:id:toei-sportif:20210402133119j:plain

f:id:toei-sportif:20210402133133j:plain

※内容に誤りがある事があります。(by 綾瀬の狂犬氏)

燕よ、さようなら

新たな年度を迎える本日、一大決心しました。

今ではすっかり燕党を標榜していますが、実は私、50年近く前まではG党でした。

当時、BS・CS放送はもちろんなかったし、UHFの地元ローカル局も開局したばかり。
テレビ点ければ、毎日Gのナイター中継だけをやっているんだから、そりゃ誰でもG党になります。
もちろん周りの友人も皆Gファン。

そこに追い打ちをかけるように「巨人の星」です。
学校が終われば、毎日広場に集まって野球をやるんですが、あの頃一体大リーグボールをトータル何百球投げたことか・・・(大半は3号)
こんな環境に育って、他球団に目が向くわけがありません。

ちなみに、地元で「イーグルズ」という名の野球チームを作ったんですが、「3」の先を越された私は、背番号「6」でした。
そのため、土井正三のファンになったというプロセスの逆転。
皆に受けるから、一二塁間狙って流し打ちばかりしていました。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

中ニの夏。

この頃、ちょうど反抗期を迎えていた私は、毎年当たり前のように優勝する強いGに反発を感じるようになりました。
他人と違う振る舞いがしたくなる年頃でもあります。
もうGを応援するのはやめよう。
で、どこを応援するか?

白羽の矢が立ったのがヤクルトです。

万年Bクラスの弱小チーム。
この、鯉と並んで一番弱そうなチームを応援するのって、カッコ良くないか?
それに、最下位が当たり前なんで、Aクラスに入っただけでも感激できそうだし、万が一優勝でもしようものなら「俺が育てた」と自慢できるじゃないか!
しかも、当時チームは弱かったけれど、松岡、安田、そして若松と、セリーグを代表するような若手が現れて、もしかしたら強くなるかもよと思わせる雰囲気もありました。

なーんて、子供ながらもいろいろ打算が働いてこの球団を応援することにしました。

ちなみに、この球団で嫌だったのが「アトムズ」っていう子供じみたニックネームと、このシンボルマーク

f:id:toei-sportif:20210401132706j:plain

「Y」と「A」を組み合わせたこの意匠、どうもみてもGのパクリです。

しかし、1973年のオフには、球団名が「ヤクルトスワローズ」に変更。
当然、球団のマークも変更になります。
ダサいイメージがちょっと払拭されて、ますます燕に入れ込んでいくのでありました。

そして翌1974年には、当然10連覇するものと思っていたGが優勝争いに敗れ、龍に優勝をさらわれました。
プロレスのように、最後はGが優勝する筋書きかと思っていたけれど、もしかしたら燕だっていつかは!と、応援に熱が入っていくのでありました。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

1978年。
夢は意外にも早く実現しました。
仲良し球団を、広岡監督が一変させました。
この年、大学入試に失敗した私は一浪中でしたが、当然のように二浪することになりました。

やがて、球団はノムさん監督就任によって黄金時代を迎え、ノムさんの残したものを食いつぶして今に至っています。

いつの間にやら、まだ優勝の味を知らなかった仲良し球団時代に戻ってしまったかのようです。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

まあ、こんな経緯で燕を応援してきました。
しかし、ここ数年のチーム作りや選手起用を見ていると残念なことばかり。
GMも監督も「いい人」で、他人に嫌われることはないでしょう。
しかし、世間や選手に迎合する、こんな人材ばかりを登用する球団に失望を覚えています。

人は老いると子供に戻るといいます。

私もこの歳になって、子供の頃夢中になったあの読売ジャイアンツを、今後鬼籍に入るまで応援していこうと、ちょうど年度の替わるこの4月1日、遂に決意致しました。

追悼試合

プロ野球が開幕しました。

我がスワローズは、今年も評論家諸氏からの前評判はどん底ですが、今年は抗う気持ちが湧きません。
ここ3年間のへっぽこチーム作りが、このチームの魅力をすっかりスポイルしてしまいました。

・・・と、愚痴はこっちにおいといて

一昨日のこと。
期待の奥川が先発だと言うんで、昼間っからアルコールを投入してテレビ観戦しました。

試合開始から少々遅れてテレビを点けると、そこに写った奥川を見て、あれっ?と違和感を覚えました。

ドラ1の彼が、こんな大きな背番号を背負っていたのか

※写真はDAZNから借用m(_ _)m (以下同)

f:id:toei-sportif:20210330212818j:plain

実はこの試合、野村克也さん追悼試合だったんですね。
この時、全然気づいていませんでした。

スワローズ、タイガース双方の監督を務めたノムさんを偲んで、選手を始め両チーム全員が背番号「73」を着用。

f:id:toei-sportif:20210330213027j:plain

タイガースの話題の新人も

f:id:toei-sportif:20210330213059j:plain

つば九郎

f:id:toei-sportif:20210330213117j:plain

今でも亡くなったノムさんのことを思うと、こみ上げてくるものがあります。

toei-sportif.hatenablog.com

実際会ったこともない人なのに何故でしょう?

テレビ解説の江本さんによると、イニングの合間にバックスクリーンにノムさんの名言集が映し出されたそうですが、その一つに

「一番の失敗は阪神の監督をやったことや」

とあったそうです。
タイガースファンの好きそうなエピソードですね(笑)

翌日の新聞に、この試合のことが記事になっていました。

f:id:toei-sportif:20210330213204j:plain

こんな大事な試合なのに、スワローズはへっぽこでした。 

ノムさんの教え子が早くスワローズを再建してくれないか、きっとその日は来ると信じて待っています。

さくらの日ポタ

今日3月27日は「さくらの日」だそうです。
「3(さ)×9(く)=27」の語呂合わせって、ちょっと無理筋じゃね?

だからってわけではありませんが、横浜も今日あたりが見頃っぽいので、自転車で繰り出しました。

鶴見川沿いを走るのは、西方寺に蝋梅鑑賞に行って以来で、2ヵ月ぶり。

f:id:toei-sportif:20210327185916j:plain

目的地が2ヶ所ありました。

一つ目がここ

f:id:toei-sportif:20210327190003j:plain

鴨居のシドモア桜

f:id:toei-sportif:20210327190127j:plain

満開です!

f:id:toei-sportif:20210327190207j:plain

可愛い・・・

f:id:toei-sportif:20210327190241j:plain

何でボーイスカウト

f:id:toei-sportif:20210327190341j:plain

川向橋で左岸に渡ります。

f:id:toei-sportif:20210327190441j:plain

やって来たのはここ、

江川せせらぎ緑道

f:id:toei-sportif:20210327191130j:plain

私のブログでは、この季節鉄板です。

f:id:toei-sportif:20210327191046j:plain

今年もチューリップとのコラボが見れました。

f:id:toei-sportif:20210327191024j:plain

水仙も咲いています。

f:id:toei-sportif:20210327191001j:plain

そうそう、この狭い川幅の川面に向かって張り出していて、空を塞ぐ密集感がいいんだ。

f:id:toei-sportif:20210327190857j:plain

いつまでも変わらぬ景観・・・と言いたいところだけど、首都高北西線と交差する箇所はこの通り。

f:id:toei-sportif:20210327191226j:plain

ちょうどトイレに行きたいと思っていたので、お初のここにお邪魔したのですが・・・
これって、手洗いなのか男性用小便器なのか?

f:id:toei-sportif:20210327191308j:plain

しばらく考えましたが、これが男性用小便器だとすると、このナニを観察するためのような鏡は変だろうという結論に達しました(笑)

江川沿いを下流に進んで、大熊川との合流地点に

f:id:toei-sportif:20210327191343j:plain

この時期ここに来ると、決まってこれを探します。

f:id:toei-sportif:20210327191413j:plain

春だあー!

そして
鶴見川沿いに出てから大竹橋を渡った時、想像もしなかった光景を目の当たりにして、私は凍りついた!

f:id:toei-sportif:20210327191546j:plain

あぎじゃびよい、あきさみよー

f:id:toei-sportif:20210327191617j:plain

まさかまさかこの道が舗装されるとは!!
最後に通ったのが2ヵ月前だけど、そんな兆しは全くなかったのに・・・

もちろん便利になったんだけど、馴染みの光景がまた一つなくなって寂しいのだ。

それに・・・

このダート道は、長女が小学生低学年の頃サイクリングに来て、後ろを走っていた長女が未舗装路がもうすぐ終わるというところで転んだけど、けなげにもケロッとしていた思い出の道なのだ。

o孕o三o孕o三o孕o三o孕o三o孕o三o孕o三o孕o三o孕o三

ここは綱島、自分が初めてブログに桜と愛車の写真を載せた思い出の場所です。

f:id:toei-sportif:20210327192406j:plain

このアングルで、自転車はALPSでした。
2006年頃だったか・・・

f:id:toei-sportif:20210327192625j:plain

o孕o三o孕o三o孕o三o孕o三o孕o三o孕o三o孕o三o孕o三

ここからは、あちこち桜を冷かすこともなく、さっさと帰ることにしましたが、神奈川でここに寄ってみました。

幸ヶ谷公園

f:id:toei-sportif:20210327191914j:plain

3年前に、腐朽の進んだソメイヨシノを伐採すると聞いたので、その後どうなったか見ようと思ったのですが、思ったよりも株が残っていました。

こちら二の丸

f:id:toei-sportif:20210327191941j:plain

日本最初の跨線橋青木橋」が眼下に望めます。

f:id:toei-sportif:20210327192014j:plain

もしも子供の頃ここにいたら、きっと鼻血を流しながら、ここにへばりついて行き交う列車を見ていたことでしょう。

f:id:toei-sportif:20210327192051j:plain

・・・・・・・・・・・

【3/27の走行記録】(TOEI)

距離
42.43 km 距離

栄養&水分補給
453 C 消費カロリー
-- C 摂取カロリー
-453 C カロリー正味量
905 ml 汗による推定損失
-- ml 水分の補給
-905 ml 水分の正味量

レーニング効果
1.6 多少のメリット 有酸素TE
0.0 メリットなし 無酸素TE
17 運動負荷

心拍
99 bpm 平均心拍数
118 bpm 最大心拍数

タイミング
2:15:39 タイム
2:14:00 移動時間
3:31:38 経過時間
18.8 kph 平均速度
19.0 kph 平均移動速度
42.8 kph 最高速度

高度
291 m 高度上昇
224 m 高度下降
-11 m 最低高度
68 m 最高高度

気温
11.3 °C 平均気温
7.0 °C 最低気温
20.0 °C 最高気温

◆2021年の積算距離◆ 341.92 km