ほぼほぼ野外活動記

週末の超スローライフを綴ります ポタリング、釣り、キャンプ、ハイキング、散策、外飯、庭呑み・・・

すれだっていいじゃないか さかなだもの

これは、先日のお寺参りの記録。

毎度、朝活です。
いつものように6時のオープンに合わせて現地にとうちゃこ。
空気はひんやり、空は薄っすらと雲がかかる程度で、まずは上々の釣り日和。

攻略情報が貼りだされていない。
その代わりに、サブロー池のメンテナンスのお知らせが。

そう言えば、いつの間にかホームページがリニューアルされて、以前あった釣果やコンディションの情報がなくなっていました。
つまらん・・・

名物?の金曜日トラック直放も終了。

まあ、原則週の真ん中に訪れる私は、元々恩恵がないんですが・・・

5月下旬。
気が付けば、シーズンオフはもう間近ですね。

<・)))><< <・)))><< <・)))><< <・)))><< <・)))><< <・)))><<

入ったのは、いつものここです。

私の左手で竿を振るのは留吉氏。

この日は代休だそうで、久しぶりの友釣りです。

一方、右手にはアオサギ軍団

おい、そこのっ!
ここは立ち込み禁止って何度言えばわかるんだ!!

見ていると、表層をじっと狙っているアオサギよりも、無遠慮に潜って中層・底層を狙っているカワウの方が遥かに釣果が上がっています。

<・)))><< <・)))><< <・)))><< <・)))><< <・)))><< <・)))><<

開始時の水温は16.8℃。
意外や、前回4月に訪れた時よりも2℃近く低い。

何だかいけそうな気がする~~~

と思ったんだけど、現実は厳しかった。
反応が全くない。

私だけじゃありません。

隣の留吉氏も苦戦。

いや
ポンド全体に重い空気がのしかかっていたように感じました。

のっけからアタリもないような状況なので、ヒット数ではなくアタリの数で競うことを留吉氏に提案。

しばらくすると、留吉氏のドラグがキリキリと鳴る。
しかしヒットに至らず。

留「これで2です」

虚しくなるので、この自己申告による競争はすぐにやめました(笑)

<・)))><< <・)))><< <・)))><< <・)))><< <・)))><< <・)))><<

それでも、開始して40分が経過した頃、留吉氏がヒット!

赤「チビだな」
留「釣れないよりはいいです」

その後、余りにも渋いので、留吉氏はランガンの旅に出ました。

盗撮(^^ゞ

ポンドを1周回って帰ってくれば、その間の釣果を尋ねられるに決まっている。
それまでに最低でも1匹は釣らなければと必死でしたが、全く反応なし。

結局、彼も1周回っても釣れなかったようで、状況は全く打開できず。
残った私はアタリすらない。

やがて2時間も経過しようとした頃。

遂に大きな感触が訪れました。

これはでかい!

まるで多摩川で釣った大きな鯉のように、もっさりとした動き・・・

もっさりと重たい・・・
ん? まさか??

夢であって欲しいと思いましたが、それは現実

スレ掛かりでした_| ̄|〇

尺オーバーの岩魚

留「スレか」
赤「釣れないよりはいいよ」

いや、、、釣ったことにならないから(笑)

気を取り直して、その後も粘ったんですが、いつまで経っても状況が好転せず。

一方の留吉氏は、苦戦しながらも5~6匹は釣り上げていたと思います。
彼がおにぎりを食べている隙にスパイ活動だあ~

ルアー多過ぎ。
これをどうやって使い分けているのか?
全く参考にならん・・・

これは私の朝ごはん

この日のニャンコ

結局、坊主で終わる。。。

ヴァルケイン、オフィスユーカリの新兵器も空振り。

敗因を一つ挙げるとしたら、前日に床屋に行ってスポーツ刈りにしたのがよくなかったか?
坊主頭が坊主を招いたに違いない。

こんな傷心の朝活でした。

さあ気を取り直して、次回は遠征です!