ほぼほぼ野外活動記

週末の超スローライフを綴ります ポタリング、釣り、キャンプ、ハイキング、散策、外飯、庭呑み・・・

チャークロス

ぼんやりした空模様だった日曜日。
午前中はお出かけ。

近所のお寺の前を通りかかると、

f:id:toei-sportif:20220123201517j:plain蝋梅が開花していました。

f:id:toei-sportif:20220123201540j:plain

もうそんな季節ですね。

来週は、自転車でいつものお寺に行ってみます。
(王禅寺じゃあないっす^^;)

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

さて、今日の本題。
チャークロス作りです。

チャークロスとは、綿100%の布を炭化させたもので、キャンプで火種として使います。
ファイヤースターターの弱い火花でも着火しやすく、また簡単に作れる優れもの・・・
だそうです。

これまで、火起こしへのこだわりなんて全然なくて、とにかく素早く簡単に点けばいいやと、ライターと百均の着火剤で済ましていました。
それが、ファイヤースターターを使った火起こしを、テレビやYOUTUBEで見る機会が増えて、いっちょやってみようかという気になりました。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

用意したのは、随分以前にちょっとだけ使ったきりしまい込まれていた綿の布。

f:id:toei-sportif:20220123201642j:plainこれを百均で買ってきたブリキ缶に合わせてカット。

f:id:toei-sportif:20220123201749j:plain割と薄手の布なので、この缶を埋めるために何十枚切り出したことか・・・
(注)厚手の布を使った方がいいそうです

f:id:toei-sportif:20220123201857j:plain一生使う分を作ってないか(笑)

ブリキ缶の蓋には、直径5mmの空気穴を開けます。

f:id:toei-sportif:20220123202051j:plainこれにて準備完了!

シングルバーナーを取り出して、

f:id:toei-sportif:20220123202115j:plain綿の布片を詰め込んだブリキ缶を火にかけます。

f:id:toei-sportif:20220123202150j:plain

すぐに、穴から煙がもくもく

f:id:toei-sportif:20220123202228j:plain1時間近く、こうして煙が出続けました。

f:id:toei-sportif:20220123202257j:plainようやく煙が止まったので、火から下ろして、穴を小枝で塞ぎます。

f:id:toei-sportif:20220123202324j:plain熱がとれたところで、ブリキ缶をオープン!

f:id:toei-sportif:20220123202347j:plainあれ、生焼け?

取り出してひっくり返してみると・・・

f:id:toei-sportif:20220123202508j:plain見事なグラデーション(笑)

下の方はいい按配。
これなら使えそう・・・

と、写真なんか撮っていたら、出来たてのチャークロスにポツンとオレンジ色の点。
そして
あっという間に、点が広がって煙りが出てきました。

「腐ってやがる・・・早すぎたんだ」

腐ってません(笑)
まだ十分に冷えきっていなかったようです。

折角作ったチャークロスが燃え尽きて炭にならないように、慌てて熱いのを掴んでブリキ缶に戻して、事なきを得ました。

f:id:toei-sportif:20220123202602j:plain

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

今日はここで時間切れ。

肝心の着火実験が出来ませんでしたが、今度の週末のお楽しみ!