ほぼほぼ野外活動記

週末の超スローライフを綴ります ポタリング、釣り、キャンプ、ハイキング、散策、外飯、庭呑み・・・

加齢と肥満

これは一昨日「文化の日」のポタの記録です。

向かったのは目久尻川
そうです。
綾瀬の狂犬氏に紹介いただいた石碑を見てみようと思い立ちました。

爽やかな朝

f:id:toei-sportif:20211105182953j:plain

左岸を走っていると、ガーミン社のGPSサイコンが、例の「Sharp Bend on Road」を表示しました。

※これは前回ポタで撮影した画像

f:id:toei-sportif:20211030150303j:plain

今回、サイコンが指したのは、この前方のカーブ地点でした。

f:id:toei-sportif:20211105183111j:plain

なるほど
ナビ機能を使っていなくても、前方の急カーブを知らせる機能が最近追加されたんだと理解しました。
試しに、この地点を一度行き過ぎてから、通過前地点まで戻って、再度この地点を通過してみました。
すると、今度はアラートが上がりません。
僅かな時間間隔で同じ場所を通ったので、アラート不要と判断して抑止したものと思われます。

ここが、目久尻川を東名が跨ぐ件の箇所。

f:id:toei-sportif:20211105183237j:plain

これが例の石碑ですね。

f:id:toei-sportif:20211105183456j:plain

f:id:toei-sportif:20211105183509j:plain

目久尻川に面す正面側(多分)は、見る影もなく表面が削れていて全く判読不可能でした。

内藤橋から望む上流側

f:id:toei-sportif:20211105183537j:plain

下流

f:id:toei-sportif:20211105183553j:plain

ここは冷かすくらいにして下流方面に向かいます。

この日は、カミさんが仕事で私がゴミ当番。
まったりしてゴミを出しそびれると、少々面倒なことになります(笑)

いつものトイレ休憩場所、みはらし広場

f:id:toei-sportif:20211105183623j:plain

地元住民から「No!」を突き付けられた政治家のポスターがまだ残っていました。

f:id:toei-sportif:20211105183704j:plain

最近マイブームの寒川方面までは足を延ばさず、藤沢の菖蒲沢へ。

立ち寄ろうと考えていた神社がありました。
目指す方面を見ながら走っていると・・・

f:id:toei-sportif:20211105183748j:plain

まだ距離がありますが、これといった障害物がなくてお堂の赤い屋根が目立つこと。

ズームイン!

f:id:toei-sportif:20211105183812j:plain

付近に特に案内もなく、参道に繋がる道もこの通り素っ気ない。

f:id:toei-sportif:20211105183847j:plain

参道入口近くに石で造られた小さな社がありました。
お茶が供えられています。

f:id:toei-sportif:20211105183921j:plain

参道に鳥居がありません。
不自然で物足りません。

f:id:toei-sportif:20211105183945j:plain

小さな社殿の手前に神鐘堂があります。

f:id:toei-sportif:20211105184024j:plain

神仏習合の名残りか。
以前は寺院があったのでしょうか?

扁額

f:id:toei-sportif:20211105184121j:plain

この木もいつかは大木となるのでしょうか

f:id:toei-sportif:20211105184147j:plain

お詣りしてから帰路に着きます。

この通り好天で清々しい朝。

気持ちよく走っていたのですが、好事魔多し!
何と、7月に続いてまたも落車。
これがまた同じようなシチュエーション。
進路上に現れた障害物への衝突を避けて・・・

前回は左手中指を負傷。
未だに指が曲がらず、真っすぐに伸ばせず、一体いつになったら元通りになるのやら。
その代わり、自転車にはほとんどダメージがありませんでした。

ところが、今回。
身体には全くダメージがなかったものの、自転車が受け身をとってくれたようです。

リアホイールが歪んでしまいました(T_T)

フレームを持ち上げて後輪を回転させると、同じ個所でフレームとタイヤが当たって止まってしまいます。
リア側から、フレームとタイヤとの当たり具合を見ると、タイヤは左側のブレーキシューと右側のチェーンステーに当っています。
どうやら、うねるようにS字型に歪んでしまったようです。

取りあえず家まで帰らなければなりません。
ゴミを出したいので一刻の猶予もありません。

取りあえず乗ってみると、周回毎にタイヤがフレームと触れてブレーキがかかりますが、自走出来ないことはない。
泣きたい気持ちで家を目指しました。
それでも、ロードに乗っててママチャリには抜かれるのだけは避けたいと、虚栄心だけは忘れていませんでした(^_^;)

乗り始めた時はどうなることかと思いましたが、走っているうちに少しづつ楽になってきました。
おそらくは、衝撃で歪んだホイールが少しづつ元の形状に戻ろうとしているものと思われます。
ふーん、何でも体験してみるものだ(笑)

何とか帰宅して、近所の「サイクルベースあさひ」の開店時刻を待って持ち込んでみました。

店「歪みが大きいので、振れ取りで修正しても(歪んだ状態に)戻る可能性があります」
店「ただし、振れ取りは工賃も安いので、試しにやってみる価値はあると思います」

では早速!
と頼みたかったのですが、この店ではこのホイールに合うニッブル回しがないので、カンパのホイールを取り扱うショップに持ち込むことにしました。

この状態で乗って行く根性はないので、休日に車に積んで持ち込むことに決めて現在に至ります。

o孕o三o孕o三o孕o三o孕o三o孕o三o孕o三o孕o三o孕o三

2度もやらかした、ブレーキ遅れによるアクシデント。

原因は2つかな。

一つは、状況の認知→判断→アクションの遅れ。
もう一つは、質量が増加したことによる減速の遅延。

要は加齢と肥満かと(ほんまかいな^^;)

しかし、これが自転車で良かった。
これからは、車も自転車も、マージンをたっぷりとった運転を心掛けることにします。

・・・・・・・・・・・

【11/3の走行記録】(Bianchi)

距離
50.03 km 距離

栄養&水分補給 
478 C 消費カロリー
-- C 摂取カロリー
-478 C カロリー正味量
1150 ml 汗による推定損失
-- ml 水分の補給
-1150 ml 水分の正味量

呼吸数
24 brpm 平均呼吸数
15 brpm 最小呼吸数
31 brpm 最大呼吸数

レーニング効果 
2.1 キープ 有酸素TE
0.0 メリットなし 無酸素TE
26 運動負荷 

心拍
103 bpm 平均心拍数
122 bpm 最大心拍数

タイミング
2:28:30 タイム
2:26:34 移動時間
3:57:37 経過時間
20.2 km/h 平均速度
20.5 km/h 平均移動速度
45.1 km/h 最高速度

高度
670.0 m 総上昇量
248.0 m 下降距離合計
-239.2 m 最低高度
339.6 m 最高高度

ケイデンス
50 rpm 平均バイクケイデンス
250 rpm 最高ケイデンス

気温
14.5 °C 平均気温
11.0 °C 最低気温
22.0 °C 最高気温

ストローク
6182 合計ストローク

◆2021年の積算距離◆ 1,454.71 km