あれとかこれとか活動記 withコロナ

週末の超スローライフを綴ります ポタリング、釣り、キャンプ、ハイキング、散策、外飯、庭呑み・・・

日本編集盤セカンドアルバム ビートルズNo.2! (JP)

東芝音工製のセカンドアルバムです。

ビートルズNo.2! (JP) [1964.6.5]

f:id:toei-sportif:20210625204735j:plain

この通り、日本編集盤のファーストアルバムと同様に、米キャピトル盤と同じデザインのジャケット。

ただし、収録曲が違うのでここは違います。

東芝音工盤

f:id:toei-sportif:20210625204900j:plain

キャピトル盤

f:id:toei-sportif:20210619211935j:plain

ジャケットの裏も違う。

東芝音工盤

f:id:toei-sportif:20210625205029j:plain

キャピトル盤

f:id:toei-sportif:20210625205457j:plain

ファーストアルバムのジャケ裏面は高崎一郎氏のライナーノーツだったのに、何故この陳腐なポートレートになったのか・・・
正直、損した気分になる(笑)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

このアルバムはMONO盤(モノラル盤)です。
日本編集盤は1、2、5枚目がMONO盤で、他のSTEREO盤より300円安かった。
MONOってことは、せっかく左右に2つあるスピーカーから同じ音が出てくる。
だったらスピーカー2つもいらないじゃん。
音の立体感なし!
子供ながらにも、当時は「MONO、だせえ!」と思ってました。

しかし、後年になって「初期のビートルズはMONO盤で聴くべし」なんてことになるとは、もちろん思いもよりませんでした。
ただし、この場合のMONO盤って英国オリジナル盤を指して言ってるのですが。

さて
この個体は、「赤盤矢印帯」の収集を目的に近年手に入れたものですが、この通り赤盤に非ず。

f:id:toei-sportif:20210625210632j:plain

アップル・レーベル矢印帯の赤盤って、結構数が少なくて・・・

それではと、触手を伸ばしたのは、オデオン・レーベルの赤盤です。

f:id:toei-sportif:20210625210713j:plain

しかし、こちらは帯がありません。

f:id:toei-sportif:20210625210805j:plain
でもいいのだ。
オデオン時代に付いていた半掛け帯や半円帯は、実物を見たこともないので愛着がないし。
そもそも、欲しくてもなかなか出回らないし、あっても驚くほど高価(概ね6桁!)で所詮手が届きません。

半掛け帯なら、このミニチュアで充分!

f:id:toei-sportif:20210625210846j:plain

2014年に発売された日本編集盤CDボックスにおまけで付いきたものです。

f:id:toei-sportif:20210625210924j:plain

ちなみに、アップル・レーベル時代にビートルズを聴くようになった私は、ビートルズのレコードのレーベルデザインはリンゴのマーク、インナースリーブは黒しかないと思っていました。
友人(の兄貴)のレコードを借りたらオデオン・レーベルだったことがあって、子供ながらに怪しいバッタもんだと思っていたものです。

それが、アップル以前のレーベルであったことを理解してからも、ビートルズの象徴と信じていたリンゴじゃなくてダサいデザインだと、全く興味が持てないまま現在に至ります(笑)

おっと
衝動買いのオデオン・レーベルはおいといて、話を戻しましょう。

日本編集盤は、1枚目がまるで初期のベストアルバムなので、このアルバムは出がらしになるかと思いきや、3ヶ月前に英国でシングル盤が発売され、当時世界中で売れまくっていた「キャント・バイ・ミー・ラヴ」を看板にして恰好をつけました。

f:id:toei-sportif:20210625214659j:plain

※右の矢印に記載したのは編集元となる英国盤

A1. キャント・バイ・ミー・ラヴ ← シングル(6枚目A面)、A Hard Day's Night
A2. ドゥ・ユー・ウォント・トゥ・ノウ・ア・シークレット ← Please Please Me
A3. サンキュー・ガール ← シングル(3枚目B面)
A4. 蜜の味 ← Please Please Me
A5. イット・ウォント・ビー・ロング ← With The Beatles
A6. アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン ← With The Beatles
A7. ゼアズ・ア・プレイス ← Please Please Me

f:id:toei-sportif:20210625214743j:plain

B1. ロール・オーバー・ベートーヴェン ←With The Beatles
B2. ミズリー ← Please Please Me
B3. ボーイズ ← Please Please Me
B4. デヴィル・イン・ハー・ハート ←With The Beatles
B5. ナット・ア・セカンド・タイム ←With The Beatles
B6. マネー ←With The Beatles
B7. ティル・ゼア・ウォズ・ユー ←With The Beatles

結局、後年になって入手したものの、思い入れが少なくて、再生回数は極端に少ない1枚です。