ほぼほぼ野外活動記

週末の超スローライフを綴ります ポタリング、釣り、キャンプ、ハイキング、散策、外飯、庭呑み・・・

お楽しみはこれからだ

イタリア旅行していますか?

私はと言えば、昨年大きなブランクがあった分だけ・・・
そして、JSPORTSが放映権を失いジロから離れた4年間の反動もあり、今年はどっぷりと漬かっています。

観戦していて、いろいろなことに気付きました。

何より、UCIのルール改定に驚きました。

UCIが打ち出した新ルールにはこんなのがあります。

ボトル等を路上に捨てることを禁止

環境面に配慮した新ルールですが、実際には沿道のファンへのサービスの一面もあり、また夏場には1チームが数百本もボトルを使用するのに、これをどうやって回収するのか、喧々諤々となりました。

ツール・ド・フランドルでは、AG2Rのミヒャエル・シェールがうっかり沿道のファンにボトルを投げてしまい、その場で失格となっています。

その後、UCIと関係者が協議を行い、観客のいるところであれば廃棄OKとルールが緩和されました。

ジロを見ていると、レース終盤「さあここから!」ってポイントで、観客が集まっている場所に差し掛かると、ポーンポーンとボトルが宙を舞う愉快な光景が見られます。

スーパータック禁止

これは安全面に配慮した新ルールです。
スーパータックとは、言葉で説明するのが難しいのですが、ダウンヒルでよく見られる所謂前乗りのことです。身体を前方に突き出してトップフレームに跨るあれです。

リエージュ~バストーニュ~リエージュでは、イネオスのカラパスがこれをやっちゃって失格となりました。
早速「カラパス乗り」なんて命名されているみたいです(笑)

その他にも、いくつかルール変更点があるようですが、詳しくは栗村修さんの解説を見てください。とってもわかりやすいです。

もう一つ驚いたのが、昨年のツール・ド・ポローニュ第1ステージでの落車事故。
この事故のことは、全く知りませんでした。

ユンボのフルーネヴェーヘンのゴール前の斜行が原因で、クイックステップヤコブセンが時速80キロでバリアーに激突。
ヤコブセンは頭部を損傷して昏睡状態となった。

幸いなことに命は取りとめたが、顔面の再建手術を行うこと数度。
しかし、4月のツアー・オブ・ ターキーでレース復帰。
いやあ、良かった良かった!

一方のフルーネヴェーヘンは、レース失格はもちろんのこと、事故当初はチームから出場停止処分を受け、その後UCIから9ヶ月間の出場停止処分を科される。
クイックステップの代表からは「犯罪行為」とまで言われて非難され、また深刻な脅迫を受けて警察の保護も受けたそうだ。
そのフルーネヴェーヘンが、出場停止処分が終わってジロに参戦しています。

これは邪推ですが、ユンボのバイクスポンサーが入れ替わったのは、ユンボ側の事情ではなく、この事故でイメージダウンを恐れたビアンキ側の意向だったんじゃないかなんて・・・

さて
ジロは全体の2/3が終わりましたが、私のハートを掴んだレースは第3ステージです。

※ここからはネタバレ注意

昨シーズン後に、ユンボから聞いたことないUCIプロチームに移籍した「タコ」が、ゴール前に渾身の逃げを見せる。
そして、ゴール直前に後ろを振り返り、勝利を確信した瞬間

「うっそー」 ※画像はJSPORTSから借用。以下同

f:id:toei-sportif:20210521213853j:plain

そして、ゴール後

「うっそー」

f:id:toei-sportif:20210521213921j:plain

JKかよ(笑)

でも、本当に嬉しそうな表情に、観戦者もほっこりした場面でした。

ユンボの元チームメイトからも祝福を受けてる。

f:id:toei-sportif:20210521214015j:plain

きっと、いい奴なんでしょうね。

さあ
ジロもいよいよ終盤戦に入ります。

ジロが終われば、クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ、ツール・ド・スイス、そして今年は6月下旬にツールが開幕します。

話題にこと欠かない今年のロードレースシーンですが、深刻な落車事故だけは本当に勘弁です。