ほぼほぼ野外活動記@横浜

週末の超スローライフを綴ります ポタリング、釣り、キャンプ、ハイキング、散策、外飯、庭呑み・・・

房総を暴走

ようやく活性が上がったポンドに未練たっぷりでしたが、先行隊が向かったスーパーに向けて出発。

その前に・・・

取り出したのは、スズキ機工のベルハンマー7

f:id:toei-sportif:20210414070706j:plain

同日に、高速道路で投入前後の感触を確かめられるこの日を待っていました。

イン!(画像は演出です^^;)

f:id:toei-sportif:20210414070745j:plain

こうして添加剤を気軽に楽しめるのも、日頃安価なオイルを使っているからに他なりません。
現在使用しているのは、Volkswagen 502.00/505.00(5W-30および5W-40)規格適合品の、WAKO'S 4CT-Sです。
これがもしもMOTUL 300Vとか入れていたら、もったいなくて添加剤なんて入れられません。


早速、行先の「吉田屋久留里店」をカーナビにインプットしてスタート。

千葉東金道~京葉道~館山道~圏央道と、カーナビに全てを委ねて高速道路のドライブを堪能。
エンジンは極めて快調。
ベルハンマー7の効果は実感できませんでしたが、エンジンの快音を聞きながら楽しく流していました。

圏央道に入ってからしばし。

そう言えば、どこで高速を降りるか確認していなかった。
カーナビに目をやると、目的地へのルートを示す黄色のラインがない。
って言うか、道なき土地を走っているじゃないか!
実はこのナビを真剣に使うのは、この日が初めて。

使い勝手なんて皆同じと甘く見ていましたが、使い勝手以前にこのナビ相当古くないか?
新車登録時から替えていないとすると、2007年当時の物ってことだ。
一体いつから地図を更新していないんだ・・・

ちょうどその時通りがかった高滝湖PAに車を停めて確認しなかったのが、後から思えば痛恨の失策でした。

途中経路はともかく、一応目的地まで約1時間で案内を開始したのだから、そのうち案内が復活するとカーナビを信じて車を走らせます。
しかし、行けども行けどもカーナビは素知らぬ顔しています。

「このまま進んでいいのか?」
「いや、経路途中でわざわざ高速を降りたくない」

休憩施設があったら、今度こそ車を停めて場所を確認しようと思いましたが、悪いことに圏央道は休憩施設が本当に少ないこと。

そのうち「茂原」なんて表示が出てくるわ、到着予定時刻も迫ってくるわで、完全に異変に気付いて圏央道を降りました。

すっかりナビゲーションを放棄しているカーナビに目的地を再度入力すると、到着まで1時間以上!
NOIKEからのルートよりも遠くなってるじゃないか!!

スマホを見ると、スーパーで待っている二人からたくさんの未読メッセージが・・・
恐る恐るメッセージを見ると・・・

f:id:toei-sportif:20210414071129j:plain

なんでこんな失敗談を長々と書いているかと言うと、どうやら同行の二人は、終盤魚の活性が上がってきたので、私が二人を待たせて釣りを延長して楽しんでいたと疑っているのである。

この記事が目に入って、誤解が解けることを期待しているのであーる(笑)

(続く)