ほぼほぼ野外活動記

週末の超スローライフを綴ります ポタリング、釣り、キャンプ、ハイキング、散策、外飯、庭呑み・・・

衝撃のトレード劇

驚きました。
いろいろな意味で。

何の話って、もちろん広岡大志と田口麗斗の電撃トレードのことです。

www.nikkansports.com

燕は2月28日に虎との練習試合を終えてキャンプを打ち上げました。
この練習試合には広岡もスタメンで出場していて3タコ。

そして翌日の3月1日。
さあいよいよオープン戦開始ってタイミングで、トレード発表とは。
燕も、明日3月3日にGを相手にオープン戦が開幕しますが、トレード相手はそのGの田口です。

この2人の組み合わせにはいろいろご意見もあろうかと思いますが、私は正直うれしくて仕方ありません。

何より、燕は投手が欲しい。
一方、内川まで獲っちゃって内野手が余っている。

そして、正直なところ、広岡は生涯未完の大器で終わるように思えてならないからです。
永遠のオープン戦番長。

根拠なんてありません。
燕ファンの勘です(笑)

球威のある投手が、球威に頼ったピッチングで打ち取りにくれば、時々快音を残すこともありますが、インサイドワークに長けたバッテリーに上手く攻められると、面白いほど打てないのを散々見てきたからなあ~

それにしても、あれだけ打てなくても将来を期待して使い続けてきたのに、結局トレードでこの時期放出とは、フロントはいったい何を考えているんでしょう。
こういうところが、私が元監督~現GMの小川を好かない理由であります。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

驚いたのはもう1点。

このトレードが、燕とGとの間で行われた44年ぶりの交換トレードであること。

えっ?
44年ぶり?!
嘘でしょ!

これまで、燕からGへと、数々の脂がのった選手が引き抜かれていったじゃあ~りませんか。

広沢、ハウエル、ペタジーニ、グライシンガー、ラミレス、相川

しかし
考えてみれば、みんなFAか延長契約見送りとかなんですね。

大金使って同リーグ他球団の戦力を削るGお得意のやり口だよ。。。
今年もDeNAから井納と梶谷を連行したけど、本当に必要なのかな?

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

まあ、何だかんだ言っても、本人たちはともかく両チームにとって相思相愛のトレードのはずで、2人のこれからに注目です。

ああは言いましたが、広岡には、環境が変わって花開いて欲しいと正直思っています。
もし万が一、Gを踏み台にして成長したら、FA使って帰って来いよ!