ほぼほぼ野外活動記

週末の超スローライフを綴ります ポタリング、釣り、キャンプ、ハイキング、散策、外飯、庭呑み・・・

【狂犬通信 Vol.94】遠江國周智郡・天方城

天方城は森市街の東側に築かれた天方氏の居城ですが、昭和になって発見された資料により従来の天方城は森市街の北側にあり、この城は戦国後期に新たに築城された城である事がわかり、従来の天方城と区別するために天方新城と呼ばれています。
天方氏は藤原姓首藤氏の一族で、鎌倉期には地頭職として一帯を支配していた様です。
徳川氏の遠江侵攻に対して、今川方として頑強に抵抗しましたが、抗し切れずに降伏。
以降は徳川方として武田氏として戦いました。
天方氏として知られているエピソードは、徳川家康の長男の信康が謀反の疑いにより自刃を命じられた際、介錯役は服部半蔵正成でしたが、信康の近臣であった正成はこれを勤める事が出来ず、急遽、天方道興が介錯を行いました。
しかし、信康の介錯を行った事で、徳川家臣団に居場所が無くなってしまった道興は高野山に出奔する事になります。
天方氏の家督は青山氏から道真が養子に入り、存続を許されました。
道興も後に結城秀康が救いの手を差しのべて(父の家康から疎まれていた秀康に対して、兄の信康が対面を取り次ぐ等の配慮をしていたようです。この辺りが道興を助けようと思った原因かと思います)、越前松平氏の家臣として続きます。
それにしても、汚れ役をやらされた道興は、相当虐められたんでしょうな…。
酷い話しです。

f:id:toei-sportif:20210112210815j:plain

f:id:toei-sportif:20210112210826j:plain

f:id:toei-sportif:20210112210840j:plain

※内容に誤りがある事があります。(by 綾瀬の狂犬氏)