ほぼほぼ野外活動記

週末の超スローライフを綴ります ポタリング、釣り、キャンプ、ハイキング、散策、外飯、庭呑み・・・

今年の抱負(管釣り編)

何事も漫然に行動する性質なので、

「自分でやったことを全く同じように再現する」

ことが極めて苦手です。

しかし、これは釣りをやる上で、致命傷であります。

今年の抱負は、ずばり、1投毎に自分のキャスト~リトリーブをしっかり覚えておいて、次投での再現を可能とすることです。

<・)))><< <・)))><< <・)))><< <・)))><< <・)))><< <・)))><<

ようやく私も管釣りの極意を得ました。

言葉にすると、とっても簡単なこと。

1.魚が釣れるまで、あらゆる手を尽くす

2.魚が釣れたら、釣れなくなるまで同じように釣り続ける

これだけです。

先ずは1匹釣りあげる。

その時の状況に応じたパターンを見つけるためには、とにかく最初の1匹を釣り上げること。

限られた時間でパターンを見つけるためには、いかに効率良く嵌るパターンをトライ&エラーで見つけるか。

場当たり的に変えるのではなく、ロジカルでかつ網羅的なトライが必要です。

そして1匹釣りあげたら、その時の釣り方をトレースして連荘を狙う。

同じポンドで釣りをやっていても、コンスタントに釣り続ける人がいれば、いくらやっても釣果が上がらない人もいる。(←俺)

いかに、その時の状況に応じたパターンを見つけるか。

そして嵌ったパターンを続けられるか。

要はそういうことだと思います。

自分も年に1回くらいは、同じように繰り返してヒットが続くことがあります。

これを偶然ではなく、必然に変えるのが今年のテーマです。

キャストする位置、レンジ(カウントダウン)、ルートはもちろんのこと、ロッドの角度、リトリーブのスピード、ルアーアクション、そして合わせ方まできちんと意識して覚えておくこと。

ボーっと生きてる自分にできるでしょうか(;^_^A