ほぼほぼ野外活動記

週末の超スローライフを綴ります ポタリング、釣り、キャンプ、ハイキング、散策、外飯、庭呑み・・・

ライン再考とか

LINE最高!

・・・ではありません(;^_^A

先日の上総湊港への釣行で、恥ずかしながら半ソルトフィッシングに挑戦してみて、いつも当たり前のようにやっていた管釣りの特性を改めて実感しました。
それは、、、

障害物が少ない

ルアーを立て続けに失くしてみて、管釣りポンドには障害物が極めて少ないことを改めて実感しました。
ボトムをズル引きしたって、滅多に根掛りしません。

これは、PEラインを使用した時にラインが切れる可能性がとても小さいということ。

これまでショックリーダーの長さの目安を、たまたまネットで目に付いた「1ヒロ」と盲目的に信じ込んでいましたが、リーダーが長ければ結び目がガイドと接触する機会が増え、トラブルが発生する可能性も当然高くなります。

事実、これまでPEの道糸とリーダーが抜けるトラブルには何度も遭っています。
一方、道糸のPEが切れたことっておそらく過去に一度もありません。

以前留吉氏からもアドバイスをいただきましたが、ネット情報を鵜呑みにするのではなく自分で試行錯誤するのが大事ですね。

先ずは、ネットで目にした「リーダーの長さはターゲットの魚のサイズがあれば十分」に従って、40cmくらいで試してみるか。(だから、それが・・・^^;)

魚が必ずいる

当たり前過ぎて精神論みたいになりそうですが、そこにはターゲットの魚が必ずいます。
なので、いつものオレ流スタイルで釣れない時は、あらゆる手を尽くすべきだ。

もちろん、自身のポリシーを頑なに守るのも一つのスタイルです。

しかし、ルールやマナーをきちんと守る限り、何をやってもそれは個々の釣り人の好き好きであーる。

これまで少々凝り固まっていた釣方を、これからはもうちょっと柔軟に幅を広げて、そこにいる魚を釣り上げることに向き合うことにします。(芋虫とかじゃないから^^;)


他にもいくつか反省点あり。

スナップ妄信

管釣りならスナップが必須!
と信じていました。

しかし、一部のクランクを繋ぐ時に、スナップがルアーのアイを通らず、往生するどころか使うのを諦めたことが何度かありました。

今回の釣行で、手持ちのジグヘッド+ソフトルアー(ワーム)を使おうとしたところ、やはりスナップが通らなくて、泣く泣く諦めました。

直結で使うのが面倒というよりも、ルアーチェンジする度にリーダーが短くなるのが嫌だったし、そもそもスナップを使わずに直結するなんて全く頭に浮かびませんでした。(ちょっと大仰に言えば、ロッドを使わずにルアーを手で放り投げるのと同じくらいの違和感があり)

でも・・・
スナップが使えなければ直結しかないだろ!
と、当たり前のことに気付いた次第です。

では、直結によるデメリットとその回避手段について考えてみよう。

1.ルアー交換の度にリーダーが短くなる
リーダーを1ヒロ取るならまだしも、40cmのリーダーにルアーを直結すると、ルアー交換の度にリーダーも交換が必要になり、現実的ではありません。

ルアーを直結するのは、リーダーを使わないラインシステムしかあり得ない、と思われ。
ならば、フロロかナイロンの2択であります。

管釣りでクランクを使う場合、PEとの組み合わせがあまり聞かれないのは、単にノリが悪くて弾きやすいとかだけでなく、そういう訳か?(本当?)

2.ルアー交換が面倒
スナップでちょちょいと交換するのに比べて、いちいちラインを切って結び直すのはいかにも面倒で時間がかかる。

直結を愛する少数派民族の方々はどうやって結んでいるのか?
ネットで調べたところ、「ハングズマンノット」という簡単で強度の高い結び方が良さげです。

当面、クランクを使う時はフロロに直結で結んで、手先、指先を馴染ませながら釣果を確認したいと思います。

それにしても不思議なのは、リップによって潜行深度がほぼ決まるクランクの方が、巻き方次第でレンジがある程度選べるスプーンよりも、交換頻度が高くてもおかしくないのに、スナップが通らないアイを備えた製品が多いこと。
クランクこそスナップ使用を前提に作られるべきだと思うのですが・・・

ランディングネットの装着

上総湊港では、ちょっとばかしランガンを気取って、タモをライフジャケットの背中に挿して移動していましたが、挿しているうちに傾いていって、いづれ落ちる、を繰り返しました。

ライフジャケットのフック

f:id:toei-sportif:20181212223252j:plain
ネットに標準装備のタモホルダー(もどき)

f:id:toei-sportif:20181212223234j:plain
こんなことに気を使うべきでない!
確実な装着と迅速な脱着を行えるよう改善が必要です。
管釣りでは必要ないか^^;)

消えたリールのドラグノブ

どこへ行ったのやら、気が付けばこんな状態でした。

f:id:toei-sportif:20181212223424j:plain
見た目の悪さやドラグ操作への支障だけでなく、キャストの際にこのボルトにラインが絡みつくトラブルが多発!

これまた、本当つまらないトラブルであります。

<・)))><< <・)))><< <・)))><< <・)))><< <・)))><< <・)))><< <・)))><<

このところの不漁?続きで、釣りに関してはストレスが溜まりまくっています。

次回釣行は、磐石の態勢+αで望んで一気にストレス解消といきたいところ。

待ってろ、王禅寺!