ほぼほぼ野外活動記

週末の超スローライフを綴ります ポタリング、釣り、キャンプ、ハイキング、散策、外飯、庭呑み・・・

完敗

今朝は冷たい雨でポタ中止。
今日はどうやって目標消費カロリーを達成しようか、暗い空を見ながら思案しています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 

昨夜のプロ野球セ・リーグCSファーストステージ初戦。
スワローズはジャイアンツに完敗しました。

レギュラーシーズンに、青木が戦列を離れた時のヘナチョコぶりを見て来て心配していましたが、大事な一戦でやはり脆さを見せてしまいました。

終盤の粘りが目立った打線が全くの無抵抗っぷり。
昨年96敗のチームに逆戻りしたかのよう・・・

今更ながら、青木の存在の大きさを痛感しています。

一方のジャイアンツ。

プロ入りの時は、家庭の事情から意中の球団(どことは言いません^^;)を諦め、ジャイアンツに入団。 ※あくまで個人的推測です
そして3年前、球団の要請に応じて、希望していた現役続行の道を捨てて監督に就任。 ※あくまで個人的推測です

いつも滅私奉公、自分のやりたいことを我慢してきた、暗い表情が付きまとう高橋由伸。 ※あくまで個人的感想です
本来破顔で望んでもいい会見の席で、いつも本当の笑顔がない高橋由伸。 ※あくまで個人的感想です

その由伸監督が、今年で監督を退く決断をしてしがらみから開放、昨夜のゲームではやりたいことをやって魅せました。

このファーストステージ3連戦、スワローズにはライアン、ジャイアンツには菅野、お互い相手の球団に滅法強い絶対的エースがいます。
普通なら、絶対とりたい初戦はエースの真っ向対決となるところ。

私は、
「野村監督なら、ライアンを本当は一番大事な2戦目に持ってきて、最悪初戦は捨てるくらいの気持ちで戦うだろうけど、小川監督はそんなことしないだろう、いやできないだろうな」
と、先発ピッチャーの発表を楽しみにしていました。

ところが発表されたピッチャーを見て驚きました。

スワローズではなく、ジャイアンツ!
何と先発は今村!!

おそらくは、苦手なライアンに初戦をやられても、2戦目を菅野で確実にとりにいって、3戦目でガチ勝負!ってところだと思います。

そして結果は、絶対落としてはいけなくなった初戦を、スワローズは落としてしまいました。

「この試合を負けたら終わり」っていうプレッシャーと、「今村なら勝てる」っていう軽い慢心をスワローズベンチにもたらした見事な由伸采配であります。

ここに、野村ID野球の継承者がいたことに気付きました。

由伸さん、今度はスワローズで采配を振ってくれませんか?
もしかしたら、それが本望だったのではなかったかな? ※あくまで個人的推測です

 

さて、今夜は第2戦。

日本のエース菅野を打ち崩すには、青木の志願先発出場しかないような気がします(;^_^A 

いや冗談、無理しないでください。
来シーズンが待ってます!