ほぼほぼ野外活動記

週末の超スローライフを綴ります ポタリング、釣り、キャンプ、ハイキング、散策、外飯、庭呑み・・・

塩列車の通った専用線

今朝のポタ。

昨日は、例によって前夜の金曜日に飲み過ぎてDNS・・・_| ̄|〇
背水の陣で臨みました。

とは言うものの、午前中に用事のある配偶者から
「朝食を食べたければ8時までに帰宅せよ」
と厳命を受けています。

いつもより短いルート。
さてどこに行こうかと考えて閃いたのが、かつて塩トラ・塩トキ・塩コキが走った市内の廃線跡
2005年に休止となった神奈川臨海鉄道の国際埠頭(株)専用線です。

現在、南本牧ふ頭に大型化が進むコンテナ船にも対応できるコンテナターミナルを整備中。
来年度完成予定で、貨物取扱量が大幅に増えるために横浜市が考えたのが、なんとなんと鉄道輸送。

休止となっている元国際埠頭(株)専用線を利用して、横浜本牧駅と南本牧ふ頭を結ぼうって作戦だそうです。
プレス発表によれば、コンサル会社にルート検討を委託しているとのこと。

こうして、一度廃線となった路線跡が再び利用されることって、これまで聞いたことないような・・・

鉄道回帰、嬉しいことです。

o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三

R16で根岸に向かいます。
日曜日の早朝は車が皆無と言っていいくらい。
あっと言う間に掘割川沿道へ

f:id:toei-sportif:20180304114902j:plain
この川沿いの佇まい、通る度に哀愁を感じるのは何故だろう?
遠足でバスに乗って通った時を思い出すのかな・・・

八幡橋を左折して本牧へ向かいます。 

間門にて

f:id:toei-sportif:20180304115026j:plain

ここから、市電通りと別れて、かつての海岸線を描く外周路へ。
小学生時代、夏休みになると通ったプールは未だ営業休止中のまま。

f:id:toei-sportif:20180304115048j:plain

かもめ町で、南本牧方面に向かって大通りを右折。

運河に突き当たる。

f:id:toei-sportif:20180304115108j:plain

一面吊りの斜張橋(南本牧橋)の向こうが南本牧
そして、ドン突き手前に専用線の踏切跡。

f:id:toei-sportif:20180304115138j:plain

この先が、豊浦町の国際埠頭。

f:id:toei-sportif:20180304115200j:plain

反対側のこちら、横浜本牧駅方面。

f:id:toei-sportif:20180304115224j:plain

横浜本牧駅方面に向かって辿ります。 

一部、ゴミが散乱していたり、駐車場代わりに使用されている箇所もありましたが、、、

f:id:toei-sportif:20180304115302j:plain

このU字溝置場の先には、新しいバラストが敷かれています。

f:id:toei-sportif:20180304115329j:plain

この場所

f:id:toei-sportif:20180304115353j:plain

まさに、バラストを敷いて路盤整備中!

f:id:toei-sportif:20180304115418j:plain

鉄道模型のレイアウト作成中のようなビジュアルです^^;

f:id:toei-sportif:20180304115446j:plain

三菱重工本牧工場前

f:id:toei-sportif:20180304115529j:plain

のすぐ横にある小さなガーターデッキ

f:id:toei-sportif:20180304115552j:plain

線路は、ここで並走する道路を踏切で横断。

f:id:toei-sportif:20180304115612j:plain

ここで、現役の本牧線と合流・分岐します。

f:id:toei-sportif:20180304115637j:plain

横浜本牧駅

f:id:toei-sportif:20180304115658j:plain

本牧線はこの先ヘロヘロと延びて、、、

f:id:toei-sportif:20180304115721j:plain

ここが本牧線の終点、本牧埠頭駅

f:id:toei-sportif:20180304115745j:plain

すっかり長くなりました。

ポタ後半へ続く