ほぼほぼ野外活動記@横浜

週末の超スローライフを綴ります ポタリング、釣り、キャンプ、ハイキング、散策、外飯、庭呑み・・・

ブロンプトン、猫目ライトの装着準備完了

へたれました_| ̄|〇

今日は前々から休暇をとっていて、千葉へキャンプ行の予定でした。
行く先のキャンプ場で最高のロケーションのサイトを予約して、新しい幕も用意して、期待が半端なかったです。

ところが、1週間前から悪天の予報。
このキャンプ場は3日前までにキャンセルしないとキャンセル料が発生します。

で、その3日前の火曜日のこと。
夕方時点での降水確率は、5日(金)が80%、6日(土)が70%。
しかも、九州では記録的な大雨になる見通しで、このまま雨雲が東に進めば、ちょうど今日あたりが関東も大雨になるんじゃないかと弱気になってしまいました。

同行予定の友人と相談して、やむなくDNSを選択。
キャンプ場にキャンセルの連絡を入れると、

キ「ああ、そうですね。今日ならキャンセル料金もかかりませんから。またお天気がいい時にぜひいらしてください」

と、まるでキャンセルを歓迎しているかのような応対でした(;^_^A

それなのに
ああそれなのに・・・

起きてみれば、雨降ってないし
降っても、深夜から早朝にかけてみたいだし

平日だし、この空模様ですから、おそらくはまだサイトは空いていると思います。
だけど、もう今さら、準備して出かける元気もなくなりました。

歳かな?


閑話休題


会社を休んではみたものの、やることもないので、ブロンプトンに猫目ライトを常設することにしました。

現在、前照灯にはパナソニックのオートライト「NL-876」を使っています。

f:id:toei-sportif:20190705103646j:plain

暗くなると、振動を拾って自動点灯するオートライトで、メーカーも「かしこいランプ」と銘打って販売していました。

この製品を選んだのは、オートライト機能が面白そうだったのと、ブロンプトンに元々ついているリフレクター取り付け用のステーに無加工で取り付け可能だったから。

f:id:toei-sportif:20190705103718j:plain

でも、いざ使ってみれば、私の用途には合いませんでした。

・暗過ぎる。郊外の暗い場所を走るには全く用を足さない
・強制的にON/OFFできない。暗い場所に自転車を置いておくと、傍を通る度に歩く振動で点灯して電池が早く消耗する

冬場の早朝は、ハンドルにジェントス閃を括りつけたりもしましたが、できればハンドル回りはすっきりさせたいもの。

そこでこれです。

イトーサイクル「ブロンプトンキャットアイライト対応ブラケット」新型(らしい^^;)

f:id:toei-sportif:20190705103915j:plain

猫目のH-34N対応製品が装着できます。

f:id:toei-sportif:20190705103947j:plain

先っぽが(多分)フェンダーに干渉しないように削ってあるところが、まあ痒いところに手が届く配慮で、日本製品万歳! 涙がこぼれそうになります^^;

f:id:toei-sportif:20190705104018j:plain

取り付けは簡単。

元々付いていたステーを外して、アール座金ともども入れ替えるだけ。

f:id:toei-sportif:20190705104047j:plain

出来上がり!

f:id:toei-sportif:20190705104519j:plain

肝心のライトは注文して到着待ち。

 

ブラケットの仕様でライトの重さ140gまでとのことなので、ちょうど140gのVOLT800も考えたのですが、20gのマージンをとって120gのVOLT400を選択。

こんな慎重な性格だったかな?
やっぱ歳のせいかな?

ところで、ブロンプトンへのライトの取り付けをあれこれ考えていた時に、たまたまネットでBBのリコールを知りました。

www.mizutanibike.co.jp

慌てて、シリアルナンバーを確認すれば、、、

f:id:toei-sportif:20190705104731j:plain

ラッキー!

って言うか、この自転車いくらも乗らないうちに、買ってから随分と時間が経っていることを再認識。

もっと乗ってあげないと可哀そうだ。

ちなみに、愛媛県に忘れてきたEDGE500のマウントは、メルカリで入手して、、、

f:id:toei-sportif:20190705104759j:plain

元通りに

f:id:toei-sportif:20190705104825j:plain

さあ、臨戦態勢は整った。
暗いうちからにポタに行きたくてうずうずしてきました(;^_^A